ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

エンドレス・トワイライト

ルパン三世」のテレスペED曲には素敵な曲が沢山あることを知ったきっかけが、この曲だ。あの有名なルパン三世テーマ曲と同じ、大野雄二さんの作曲。「バイバイ・リバティ・危機一発!」のラスト、イザベルとマイケル親子の別れの余韻が消えぬ中、このメロディが流れて印象に焼き付いた。この曲は、メトロポリタンシティー、ニューヨークをテイストにしているのだろう、粋でさりげない。特に、間奏の管楽器の音色は、ニューヨークの夜空と呼応する。

歌詞は、作品の内容と一致してはいない。この曲は独立した1つの物語になっている。女の子と男性の出会いから始まり、そのアバンチュールが丁寧に綴られていく。特に2番は大人びて意味深で、いわゆる「ルパン三世」っぽい!この歌詞の中の男性は、ハートを盗むのが早いから、たぶんルパンなんだろうが、他の人でもいけるような気がする。 例えば、次元でも、貴殿でも! この歌手の声や溢れる雰囲気は、どこかあどけなさの残るピュアな女の子を思わせるから、男性だったらみんな、こんな娘と夢の中でデートしたくなるだろうな。だんだん怪しくなっていく歌詞を、こんな清純な声に歌わせてしまっていいのかなあ?そう思い、いつもドキドキする!

私は、、というと、イントロが始まると早速、健気に頑張ったマイケルと作品のストーリーが頭の中にめぐり始め、異次元にtripしていく、、。