ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

映画「シェルブールの雨傘」の不可解シーン / カトリーヌドヌーブの貫禄


フランス映画「シェルブールの雨傘」は、カトリーヌドヌーブの可憐な美しさが際立つミュージカル作品だ。(以下ネタバレ注意)
カトリーヌ演じるジュヌヴィエーヌ(Jとする)の恋人ギイは、アルジェリア戦争に駆り出されることになり、出征の日の前日、2人は涙の一夜を共にする。

そして、別れの日、 “mon amour “ “Je t’aime … “と、愛する2人は、あの名曲を歌いながらホームを歩き、ギイは列車へ、、。
と、そこまでは美しく涙そそるのだが、列車がそう遠くも行かないうちに、Jはくるっと踵を返して割にスタスタ(?!)と歩いて、そのまま駅舎に消えていくのだ!

以前、このシーンを取り上げて、みんなで「わからない、わからない」と言っている番組があった。その時の出演者の一人で、俳優の寺脇康文さんが「あそこ、せめて振り返って欲しかったなあ」と言っていたのが、面白かったw


さて、わざわざ曲が終わるまでの尺をとってまで、この演出でこのシーンを流した本作の演出家の意図は如何に?演じるカトリーヌは?
後の2人を暗示させる? とかそんな安易な意味でもないような気がするのだが、、。
(多分、幸せなことに!)私は、そこまでドラマティックな人生ではなかったためか、歳を重ねても相変わらず、このシーンの不可解さは不可解なままだ!


話の方は、その後、戦争の行き違いで2人は連絡が不通となる。Jの母が経営する傘屋の経営立て直しとJが身籠ったギイとの子も引き受けることを条件に、宝石商の富豪とJは結婚。
復員後、ギイの方も結婚して既に妻と息子もいる。
ガソリンスタンドを営むギイと、今やマダムとなったJは、車で寄った時に偶然の再会をする。
そのラストシーンでは、今やそれぞれの道を歩んでいる彼らの会話は短い、、。

でも、ここのラストシーンの2人の様子は、例の別れのシーンよりは、なんか分かるような気がしましたよ!
私も少しはオトナになったのでしょうか?ネ!


(ここから先は以前このブログでも書いたことがあるが、)カトリーヌドヌーブは、来日時、「徹子の部屋」に出演し、自分のことを「私は、哲学者なので、、」と語っていたのは印象的だ。
そして、徹子さんから「みんなに何かアドバイスを」と求められると、
「自分のことをあまり大袈裟に思わないことね」と、スラっと言ってのけた!
今や、フランスのお歴々が集うパーティでも特別待遇を受ける貫禄のカトリーヌが、そんなことを言うのだ。
その意味は、例えば困難な時などに、必要以上に自分を悲劇のヒーロー、ヒロインに自分で祭り上げない、、とかそういうこと。良い時もまた然り。
以後これは、私も、心に留め置く言葉の一つとなっている。


このようにオトナなカトリーヌドヌーブなので、彼女の中では、ここでモンダイにしている例のシーンは、当時、結構納得づくの演技だったのかもしれないな。
でもやっぱりわからない!
何度生まれ変わったら、その域に達することができるだろうww

ノース ロンドン フォーエバー from アーセナル / オールド ラング ザイン(蛍の光) from 銀ちゃんねる


YouTube「銀ちゃんねる」という、ピアノの小曲を美しく聴かせてくれる動画にはずいぶんお世話になっている♡
昨年末にupされた曲 “ Auld lang syne ”とは、日本では「蛍の光」として有名なあの曲のこと。デパートの閉店間際や卒業式等でかなり聞き慣らされた曲だが、この動画では、ジェフリー・ビーゲルによる美しい編曲を、優しく繊細に味わい深く演奏されていて、それはそれはしみじみと、別モノのように感じるョ!
さらにこの動画では、曲の解説も簡潔に添えてくれていてありがたいのだ。

この曲は、実はスコットランド発祥の曲である。
気に入って何度も聞くうちに、何かと似ていると思った、、。


その曲は、「ノース ロンドン フォーエバー」だ。
これは、サッカーの英プレミアリーグアーセナルの(グーナー、ダンフォード氏の手による)応援ソングだ。サビの部分がプレー前のホームスタジアムに流れると、集うグーナー達が心を一つにして歌うのだ。
大合唱での詠唱を聴くと圧巻、なかなかの感動モノなのである!
プレー前だからって軍隊行進曲並の威勢のいい曲を想いがちだが、真逆のノスタルジックなもので、そこが逆にイイんだな♡

韻を踏むその美しいrhymeは、、

North London Forever
Whatever the weather
These streets are our own
And my heart will leave you never
My blood will forever
Run through the stone

特に、最後の2行の「うちに秘めた熱い愛」には泣けるネ♡

色々な経緯を経てこの習慣が生まれたのだが、アーセナルの「上向き」と時を同じにしているように思う。
アルテタの説く「重要な3つ」、、三位一体の一つであるサポーターのエネルギーに、この曲は大きく貢献しているんだね♡


この2曲はどちらも、北方のイギリスの地発祥で、ノスタルジーを感じさせる調べには、独特の「らしさ」が共通している。

前者では、私は「心を整える」時に聞く曲として重宝している。
後者の方は、スタジアムの「心を一つに」するのに役立っている。
どちらも、一聴の価値アリですよ!


P.S. (2/4 お昼 記)
私は、ミケルアルテタ監督の心眼を信じているので、ジョルジーニョの活躍をとっても楽しみにしてる派の1人です♡

世界サブカルチャー史 欲望の系譜 (Eテレ) &「ルパン三世」


Eテレで放映中の「世界サブカルチャー史 欲望の系譜 (アメリカ編)」を絶賛視聴中だ。番組の存在に気づいたのが惜しくも第2回からだったが、回を重ねる毎に次回が楽しみで、今では、番組で流れるとても“らしい” ファンキーなBGMを聞くだけで、ワクワクしてしまうw


一昨年前の「ルパン三世」テレビアニメ化50周年には、企画展「核心と革新展」が開催され、「ルパン三世」の作品を通じた世相の変遷も展示されていて興味深かった。
私が「ルパン三世」フリークなのは、もちろんキャラクター達の魅力もあるが、作品を通して世の中を感じるというアプローチが楽しいからでもあるのだ。
現在part6まである「ルパン三世」シリーズは外国を舞台にしたものが多いが、初期のpart1のように主に日本を舞台にしたものでも、世界の社会情勢は反映されている。ルパン作品は、アウトサイダーの彼らの目を通すが故に、逆に世相を鋭く切っていることが多い!
ルパン三世」のようなサブカルに見る日本の世相は、元はアメリカからやってくることが多いため、Eテレの攻めたこの番組は、その背景を深く知るのにとても役立つというワケなのだ♡


この番組で取り上げられた洋画は、当ブログで語ったものが割に多くある。
でも、自分の人生の中でのサブカルへの関わりは、プライベートの忙しさとの兼ね合いで、どうしても濃淡がある。さらに、状況や流れは、日本にいては限界がありなかなか知り得ないものもある。
なので、自分の穴を埋めるように、この番組が丁寧に紡いでくれて、さらにアメリカの各界の識者達が時代を読み解いてくれているのも有り難い。

そして、サブタイトル「欲望の系譜」とはよく言ったもので、番組を通して人間のサガを、強く感じずにはいられない。


番組最後のテロップを眺めていたら、「制作統括」に、かつてサブゼミで一緒だった大学同期の名前を見つけた!
丸山俊一氏は、当時の仲間うちでも殊に博識で異才を放っていた。何かと浮かれ気味な多くの大学生の中にあっては、氏は思索型の人だったように思う。だから、今、このような制作に携わっているのはむべなるかななのだ!
かつての仲間から、今、自分の興味のある分野への応えを届けてもらえるのはありがたいし感慨深い。


半世紀以上生き、それなりに人生経験を積んだ今、一周回って原点に戻り、自分達の生きてきた時代は何だったのか? ということを考える、、
私は、ルパンを通じてまず感じることあり、さらに、この番組によって頭の中を整理してもらっていると思う♡

お茶を挽く、、お水の花道 他


家にギフトカタログが届き、さて何にしようかとパラパラめくっていくうちに、一頁使って大きく宣伝されていた「お茶ミル(手動)」に引っ掛かるw
たまには、こんなことで遊んでみようと思い、それに決めた!


「お茶を挽く(ひく)」と言えば、昔、遊廓などで客からの引きの無い遊女が、待機部屋で「お茶でも挽いてろ」ということでお茶を挽いていたことに由来する。以来、暇を持て余すことの代名詞になった。何だか、悲しいね。


以前、上川隆也さん、財前直見さん主演の「お水の花道」というコメディータッチでペーソスもあるTVドラマがあった。魅力的なお2人が演じるということで、楽しく見ていた。
高級クラブが舞台。財前さんと戸田恵子さん扮するホステスは、昔売れっ子だったが、今は若い後輩ホステスたちの後塵を拝し、後輩のヘルプに付く有様だ!
役名を忘れたので失礼ながら役者名で行くがw、若いホステスに次々指名が入る中、財前さんと戸田さんは、お茶こそ挽いてはないものの、バツ悪く裏の部屋で待機しているのだった!
この毎度お馴染みのシーンで、悲しくも笑いを誘ったものだw


そんなことを思い出しながら、届いたミルでグルグルグルグル、時にお茶挽いてますww

クール!寒い日のボサノヴァ 「サマー・サンバ」by ワルター・ワンダレイ


このところの寒波で、ホントは「真冬のボサノヴァ」のタイトルにしたかったんだが、暦の上ではもうすぐ立春なのでネ、、寒い日 くらいにしておいた!
夏に聞くラテン音楽は当たり前だが、冬(と言ってしまう!)に聞くラテンは、オシャレだと思ってる。
気分を夏に飛ばすのよ!!


地元のスーパーで、最近、店内のBGMでかかっていたのが、ジャズオルガニストワルター・ワンダレイ “ による名演「サマー・サンバ」だった。
彼の “ Rain Forest “ というアルバムから、他の曲も数曲続き、全て良くてね。このアルバムはその界隈では人気なのだ。


以前弾いていたエレクトーンで、発表会前に先生から、「曲、何にする?」と聞かれ、好きだったので「サマー・サンバなんかはどうでしょう?」と応えたら、「ワルター・ワンダレイ? (やめた方が、、)」との反応!
そのこころは、彼自身による名演が有名過ぎて、多分絶対(!)、より上手く弾ける人なんていなくて、聴く側は、残念ガッカリの引き算でしかなくなるからなのだ。世に、手を出さない方がいい曲っていうのはあるようよw
結局、その時はボズ・スキャッグスの “ swan ” を先生アレンジの楽譜(おんぶにだっこネ)で弾いて、事なきを得ましたw
(この場合は、元の曲が、ボズによるオルガン演奏ではないのでセーフなの!)

ワンダレイの「サマー・サンバ」には、起こした楽譜があるのでありがたい。それに基づいて彼の演奏をかけながら一緒に弾くと、とても気分がいい。つまり、ただその気になっているようなものなのだけど!
だが、ところどころ楽譜には表れない彼の絶妙なタッチと間合いがあり、自分との違いがあって、、そう来るか〜って、あの垢抜けたカッコ良さには舌を巻いていた!
ギター演奏なんかでも、こんな経験された方いるのでは?
それこそが天才のフィーリングなんでしょうね。いつも感服してました♡


ワンダレイ自身は既に故人だが、人気なので、演奏は今だに出先で結構お耳にかかることがありますよ。皆様も是非、把握してみて!!

早速、馴染む! トロサール  アーセナル vs マンU 戦


サッカー英プレミアリーグのチーム アーセナルに、ブライトンから移籍したばかりのトロサール。表の報道で知る限りは、彼の獲得は短期決戦だった。
好調のマンUとの戦いには、もしかしてトロサールが早速登場するかも?という期待もあって、真夜中に頑張って視聴!

試合結果は、3ー2でアーセナルが勝ち抜けた。先取はマンU、追いついて追い越して、また追いつかれての攻防。終了迄約10分のところで、アルテタ監督はトロサール投入。90分、彼を起点にボールが上手くつながり決勝点となった。
即戦力を期待されての経験値の高いトロサールの獲得は、アーセナルにハマったのだ!


サッカー選手の移籍市場を巡る駆け引きを見ると、イギリス人作家ジェフリー・アーチャーの小説によく登場する、企業間の株式1%取得を巡る水面下での激しい攻防シーンを、勝手に連想してしまう。舞台がイギリスなだけにw

トロサールの電撃移籍報道の前には、逆にムドリク取得に関する報道が結構派手に長く展開されて対照的だったが、この間、果たして虚々実々の駆け引きがどこまであったのかどうか? 
こちらは推理小説となっている!真実は当事者のみしかわからないことだろう。

ただ一つ違うのは、人間相手の取引だけに、ただの駆け引きだけじゃなく、そこに「ご縁」というものも存在するのではないかということ!
駆け出し時代のトロサールはベルギーのヘンクで、スタインフェンベルフ監督と一緒の時があり、このS監督は今はアーセナルのコーチとなっていて、トロサールに関する情報は、このコーチからアルテタにしっかり伝わっていただろうし、、。

学校選びも就職先も結婚相手も(!)、何かの選択でスンナリ行く場合、ご縁を感じるものだ!
難航したり、ムリクリというのより、後々なんか相性がいい気がするw

トロサールがアーセナルに相性がいいことがわかって、アーセナルのこれからにさらに期待が膨らむ。
フォーメーションのバリエーションが増えることは、チームの強みとなって、いいね♡

今回の対マンU戦は、ラシュフォードの個の力を警戒しつつ、どこにも最後まで気を抜けない胸熱の戦いだった。そんな中、アーセナルの選手は総力戦で頑張り、得点をした選手を始め、名前を一人挙げ出せばあの人もこの人もとなりそうなので、そこはこらえようw
新加入のトロサールに花を持たせ、今日は彼だけの賛辞に留めました!
ようこそ、アーセナルへ♡

武豊 x 郷ひろみ from スイッチインタビュー / ルパン三世 テレスペ「セブンデイズ・ラプソディ」


異業種の方同士が対談する番組「スイッチインタビュー」。
郷ひろみさんからの指名で武豊さんとの対談の回を見たが、それはとてもステキなものだった。心なしか、お2人のお顔立ちや佇まい、また、考え方や感じ方までもがやはり似ていらっしゃるように思った。お2人も、それを感じられたようだ。
ほぼ一回り離れて歳上の郷ひろみさんが、武豊さんのお話を伺う時は、「はい」「はい」と真摯な返事と受け方で対談されていたのもすばらしかった。また、武豊さんの方も、とても自然で謙虚だったことは言うまでもない。
お2人共、お友達は沢山いらっしゃると思われるが、その一方で、切り開く人達の宿命、トップランナーの孤独があると思う。
歌手と騎手、異業種の出会いとお互いのいい刺激は、彼らにとっても有難い機会だろうし、そこでまた元気をつけた彼らが、いいパフォーマンスに還元し、お陰様で私たちは楽しめる、、すごく好循環だなあと思う♡


郷ひろみさんについては、最近このブログでよく書いているので、今日は武豊さんのことを書こうと思う。
重量制限のあるスポーツの人はあるあるかもしれないが、毎回、道具を持った上での重量チェックをするので、100g単位の体重の増減が自覚できるようになっているらしい。「太れないね」という郷さんの反応!
また、ほぼ毎土日のレースで、出る日は1回ではなく数回出場する等、色々知らなかったことも多い。これまでの騎手人生には、落馬などによる怪我やスランプの時期もあったという。それを乗り越え、見事復帰して、今がある。
いい騎手の条件は?との問いに、「その馬にとってのベストな乗り方を考える」とのこと。まず自分ありきではない という優しさを感じた。
最後に、「サラブレッド(馬)は、芸術品のように綺麗ですよ」との武豊さんの心からの言葉にも感動した。
世界の難関、「フランス凱旋門賞」の方も、今なおチャレンジ中とのことだ。是非がんばって欲しい♡


ルパン三世」には、競馬が出てくるものがいくつかある。
part2「グランドレース 消えた大本命」もそうだが、テレスペ「セブンデイズ・ラプソディ」について少し綴ると、、
“ G1 RACE MANHATTAN STAKES “ が華々しく開かれている競馬場のシーンからスタート。カーチェイスのオープニングが多い中、本作では、馬(ルパン)と車(銭形)のチェイスが珍しくて面白い。そこでは、とっつぁんもかなり無謀にがんばるんだが、、!

馬好きの方には、こちらも推しておきます♡