ルパン三世 & something

ルパンを語って微笑みを届けたい  他にも気ままに綴ってます♡

「終わったんだ」  from ハリポタ「秘密の部屋」映画版

ハリーポッター映画版2作目「秘密の部屋」日本語翻訳バージョンをベースに、ここから綴っていく。

〈ネタバレあり〉

ダンブルドアの不死鳥フォークスの「癒しの涙」によって、大蛇バジリスクの死に至る毒が消され、無事生還するハリー。本作の最も感動的なシーンだ。
この時、ジニーに向かって言うセリフが私は気に入っている!

「安心して、ジニー。終わったんだ。あれは記憶だったんだ。」
(英語では、、‘It’s all right ,Ginny. It’s over. It’s just a memory.’ )

この中でも特にこの一言、
「終わったんだ」
キラキラした目で微笑みながら、高い声で明るく言い切るその響きが印象的だ♡ このシチュエーションでこんな前向きな言葉がスッと出てくるのは、勇気がある証拠だ!さすがグリフィンドール生‼︎
このセリフは、ジニーに対してのみならず視ている我々に対しても、元気づけてくれる強さがある♡


話は少し飛ぶが、過去のイヤなことがよみがえっては今を邪魔しにくる、、そんな不愉快な経験がある時は、目を輝かせて言うハリーの「このセリフと声の響き」をセットで頭に入れておくと便利だと思う。きっと、前へ進めるだろう!
思い出し癖で自ら逆噴射する傾向のある方にはオススメだ‼︎
キッパリとハリーに言ってもらいましょう。
「終わったんだ!」


本作は役者ハリーの成長期&変声期と早くも重なったため、英語版ではハリーの声は既に低めになっており、日本語版とは印象が若干違ってくる。
子供を扱った連続シリーズではあるあるかもしれないね。
なので英語版では、ジニーを守るハリー、ヴォルデモートやマルフォイ父と堂々と対峙し主張するハリー、、と、むしろ安定感は高くなっている。


一方で、ハリーの顔にはまだ幼さが残るため、日本語バージョンでは前作と同じ声優さんでも全く違和感はないのだ。
既述のオススメ標語として頭に叩き込んでおくならば、日本語バージョンの方がストレートに効き目があるかな!?(←私見)


なお、原作本の方では、不死鳥フォークスの登場の順番が前後していたりして、’ It’s over. ‘ の明確な箇所はないようなので、映画版で得られる特典だということを付け加えておく。


映画のハリポタシリーズでは、この2作目は英語版と翻訳版(日本語)で聞く時のハリーのイメージが最も異なるので、それぞれに2倍楽しめると思う。
そんな不思議な2作目でもある。

ハーレーダビッドソンレース、長瀬智也さん颯爽登場!

日テレニュース記事(映像付)で、長瀬智也さんの近況を知る!

芸能界を去ってから、取材などは断っていたそうだが、この度のハーレーダビッドソンレースの出場では取材をOKしてくれた。
彼の晴れ晴れとした表情に、充実した近況が伺える。


レース出場とは言っても、プロレーサーを目指しているわけでなし、順位どうこうよりも、演技や歌の表現に似て、自分が思い通り走れたかどうかが大切 
と、彼は言う。

さらに、
「何よりも、仲間も自分も皆無事に帰ってきて、ハグする瞬間は、もうやめられないですよね」
というコメントに、長瀬さんらしい優しさを見る♡


当ブログではかつて、「ルパンファミリーを有名人で例えると、、」というテーマで、「次元大介長瀬智也さん」と書いたことがあるが、こういう映像を見ると、やっぱりね!という審美眼の自負も乗っけたいw
ハーレーにまたがる長瀬さんは、風貌も性質も、より次元味が増してきて、一層確信を深めている‼︎
それこそ、実年齢どうこうよりも、魂のカッコよさとでも言いましょうか!?



長瀬さんの表情、一挙手一投足が感じよくてカッコよくて、レースの前後でも、その場の関係者など周囲の皆んな(ほとんどが男性の現場!)が、彼を見つめ愛でている!
華があるもんね♡
スポーツ選手なんかもそうなように、男も惚れる男 というのがホンモノのカッコよさで、、自然、女子もついてくる というわけで、、
(この論理は、男女を逆にした場合よりも信ぴょう性が高いのが不思議だww)

長瀬さんは、もともと多くの資質に恵まれたスターなので、即、全てを真似できるわけでもないけれど、一部でもお手本にしたい歳の重ね方なのであ〜る!

妖しく光る赤い目!作品中の妖術使い

アニメや人形劇などで妖しい人物が登場することがある。彼らがその妖術を使うと、術をかけた側orかけられた側の目が妖しく光る!
作品でこういうシーンは、怖いもの見たさで面白いところではあるw

その時、クリエイターは、妖術魔術使いの目の表現に「赤い目」を採用することが多い印象だ。
思い浮かぶものを挙げてみると、、

・ディズニーアニメ「アラジン」のジャファーに術をかけられた時の王様の目
・「人形劇三国志」で道士・左慈が妖術を使う時に光る目

・「ルパン三世」のテレスペ「血の刻印〜永遠のmermaid 〜」で最後の氷室の赤い瞳
・part2「ルパンを呼ぶ悪魔の鐘の音」の尼僧ラビーナの赤茶色の目と、術をかけられ腑抜けになった次元・五ヱ門のピンクの目!
・part2「悪魔がルパンを招くとき」の人形ヒプノティパペットが催眠術を発動する時の赤く光る目
、、etc


これらの赤い目は、「高揚して血走ったまなこ」の赤い血に通じるものがあるのだろうね。


けれど、次なる怖い目の表現としては、血の気も失せた「全体が緑の目」というのもある!
作品では、こちらも結構見かけることがある。

ただ、緑については、‘グリーンアイズ‘ という魅惑的な目のこともあるので念のためww
そう言えば、アーセナルのキャプテン、ウーデゴールは綺麗なブルーグリーンアイズですね!
(急にムリクリ寄せた感がスゴイけどww)
この場合も、違った意味でやはり危険だ‼︎


ともあれ、心を惑わす光を放つ目には、
皆さまどうぞお気をつけあそばせ♡

アーセナルキャプテン ウーデゴールの思いやりと発信力

今季、CL8強でバイエルン戦に敗れた後、ある意味、ファン達も気落ちした。その直後のリーグ戦(ウルブス戦)の試合を迎える前が、私たちの情緒は最も乱高下していたように思うww
グーナーにはお分かりいただけるハズ!

私たちはまだしも、選手達は大丈夫なのか?とか、身体は復活しているのか?とか、リーグ戦に悪影響を及ぼしたらマズイ とか、色々な思いが順繰りに錯綜し、ストレスフルだった‼︎


そんな中、選手達は意外と元気に試合を進め、ともあれ一安心。
そしてアディショナルタイムに、ウーデゴールが決定打の追加点を決めた後、彼は確実に意識的に、カメラに向かってチャーミングなポーズを決めて見せた♡ トロサールの眼鏡を模して、片眼鏡でおどけて覗くアレね!
あれはフォトジェニック的にも「イケテル」ショットではあったが、それ以上に、私たちの心を緩めてくれる効果があった。
「彼ら、復活してる♡」 と。
ウーデゴールにしてみれば、
「僕(& 僕たち)は、大丈夫!」
というメッセージを、カメラの向こうのファンに届けたと思った。

こっちは、ピッチ上で動いているわけでもないくせに、あの頃、気も細まり、勝手に身を固くしたり心を強張らせたりしていたからねえww
その思いやりが嬉しかったし、メッセージは、ちゃんと届いたよ!


「僕は、キャプテンとしてお手本になるように、正しく行動することを心がけている」的なウーデゴールの発言を、流れてくるXで読んだ。
その精神の一環なのか、キャプテンとしてのファンへの発信を忘れていない。その裏に透けて見える、ファンへの思いやり♡
‘いじらしさ‘ さえ感じる!

ウーデは、今季の試合中、疲労が溜まっても、誰より最後までプレスをかけに走り回る姿を何度見たことか。
ある時は、ハヴァーツにPKを蹴らせる判断をし、彼が馴染むのを早めさせたり、また他にも、仲間思いの行動を多く見かけた。

心身に亘ってキャプテンの行動を怠らないウーデゴールの実行力に、何度も頭の下がる思いがした。


シーズンが終わり、あれこれ思い出す今、代表的となった彼のあのショットを色々な媒体で見かけるたびに、ただカッコいいだけでは済まされないものを感じている。
「あの日のあの状況下のアレなのだ」ということを、苦楽を共にしていたファン達だけは知っているだけに、絶好調時の勢いから出たものではないだけに、その優しさが心に沁みるのだった♡

優しさに裏打ちされたカッコよさこそが、ホンモノのカッコよさなのね‼︎

ありがとう♡増山江威子さん 「ルパン三世」峰不二子役声優

ルパン三世峰不二子役の声優を、長い間演じられた増山江威子さんの訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
不二子役を請け負った責任感は、相当なものだったろうと想像します。


「ルッパ〜ン」
艶やかで張りのあるあの声に元気づけられ魅了されたのは、ルパンだけではありませんでした♡

「待ち焦がれてたぜ〜!」
なんて、天国で第一声、山田ルパンが声がけするかもしれません。


♪ラヴ・スコール♪ の歌声が、私の頭の中では心地よく響いています。


増山さんは、峰不二子バカボンママ、、etc
憧れの女性の七色を演じ分ける方でもありました。

増山江威子さん、素敵な声と夢を届けて下さって、ありがとうございました♡♡

どうぞ安らかに、、

「シェシュコ」をどう呼ぼう!? アーセナルへの移籍情報より // 欧州CL決勝戦

今季のプレミアリーグも終了し、目下、選手の移籍情報がかまびすしい!
選手の能力を踏まえて誰がいいか? なんてことは私には語る能力もないので、そこは通の方々に譲るとして、、
スロベニア代表FW、ライプツィヒ所属のシェシュコがアーセナルに来るかもしれない という情報は最近よく見る。せっかちだが、実現した場合、愛称はどうなるか!?、、他愛もないことを、今日はグダグダ語ることにする!
こんな時期のお楽しみでもあるのでねww


さるチャンネルのさるさんは、彼のことをそもそも「セスコ」と呼び、そこからの「節子」と既に発展させているようだ。
日本語を語る人にとって、いきなり「シェ」の発声は難易度高いw
なので、いっそのこと「せ」からの始まりにすることは、ある意味、理に叶っている!

ただ、「シェ シュ」とせっかく「シャシュショ行」の内、2つも連続している名前なので、そこをなんとか活かしたい気もするなあ、、
だからと言って、どうすれば?? グダグダww

例えばサカならサカ、彼なんかはそれでOK!
ハヴァーツは幅さんとかヴァーツ、ウーデゴールはウーデとかウデゴ、、etc
人によって、呼び方は若干バリエーションがあるままで来ているので、別に統一しなくてもいいんだろうね。
シェシュコの場合、どんな展開を見せて行くのか、そこも楽しみだ♡
そこで、自分の考えを言わないのはズルイよね!
シューコとか? 「シューコ、シュート!」とかねっ‼︎
やっぱりちょっと離れ過ぎですかね??
現状、気の利いた愛称が本当に思いつかないのですww

解説者とかは話し言葉で扱うので、言いにくいと大変よね!なので喫緊の課題となろうww アナウンサーなどは、頑張って「シェシュコ」で行くのかな?
(その点、ブログなんかの文字打ち込みならば、さほどじゃないけどねw)


さて、シェシュコは21歳に成りたて。話題に上り出した時はまだハタチだったので、若すぎて身体平気かな?とか少し思っていたので、この場合は珍しく、1才でも歳をとった方が、勝手だが(キモチ)安心だ!
そして、194cmの長身もウリの一つらしい。
日頃思っているんだが、190前後の人は、適性云々を超え、もれなくセットプレーの「決め要員」として練習必須(ノルマ!)にしてはどうかと考えているww
なので、この方も是非その練習にも取り組んで欲しいわ〜♡
(入る前から色々とウルサイねえ!)


以上、いい気になって、その気になって、戯れ言を綴ってきたが、ホントに実現するのだろうか!?これだけ語っていて来なかったらお笑いだねww

「ご縁」もあるだろうから、これ以上はなんとも言えないけれど、夢が膨らんでいる!
アーセナルに移籍したら、もちろんwelcomeよ♡


[今朝の欧州CL決勝戦
日本時間、今朝方、ロンドンのウェンブリースタジアムで行われたレアルvsドルトムントの決勝戦
「2年ぶり15回目」って‼︎ 15年ぶり2回目ならまだしもww
脅威の記録で、レアル・マドリードが優勝した!
ドルトムントもかなり善戦したのだが、レアル/アンチェロッティ監督の落ち着きと、終盤に畳み掛ける「2−0」というぐうの音も出ぬ痺れるスコアが、象徴的に試合を物語った。
レアル・マドリード、貫禄の優勝 おめでとう。 

「お前の字は、、わかる」 from 光る君へ 第21回

大河ドラマ「光る君へ」は、紫式部道長を中心に描く平安絵巻となっている。藤原だらけの登場人物や妻妾も複数いたりして若干混乱の中、視聴者は必至に食らいつきつつ、楽しんでいるところだ!

本作は、史実に忠実というよりは、ドラマとして楽しめるようにも創作されている。少年少女の頃からのご縁として描かれるまひろ(のちの紫式部)と道長の2人。今回、廃邸での逢瀬のシーンは、10年ぶりの思いの丈を互いに吐きだす美しいシーンとなった。ラフマニノフ2番風のBGMが幻想的に盛り立てる♡


父親のため思って、まひろが書いた申し文(もうしぶみ)を見た道長。過去、まひろとやりとりをした際の文を文箱に大事に保存してあり、その時の字と今回の字を照合する。「為」の字でやはりまひろの字だと確信するのだった!

逢瀬で、まひろは、あの文を自分が書いたと気づかれていて驚く。すると、道長は応える。
「お前の字は、、わかる」と♡
これに、当然、まひろは嬉しく思う。

実は道長は、「あれ?まひろの字?」と思いつつも、「為」の字まで照合していたというカラクリを視聴者は少し知らされていただけに、道長はそんなに威張って言い切るほどに、即判別出来たわけでは無かったことを皆んな知っているww
道長のセリフには、許されるほどのちょっとの誇張が入っているのだ!
だが、この時の道長は、子供みたいに自慢するような言い方で、なんとも可愛かった♡ 相手に「好き」を届ける為の精一杯のハッタリ‼︎

道長はいつも、まひろの前で少し甘えが出る!
このセリフと演技にはそれがバッチリ出ていて、演者柄本さんにのみならず、この効果を狙った脚本に対しても、感心するところなのだ♡
このセリフは、“ I love you. “ 以上の表現だ という記事を読み、共感している。


まひろと道長は、互いの気持ちを10年越しで確認でき、ある意味スッキリし、これから、それぞれがそれぞれの道へ、強く突き進む。


さて今回、一方で、呪詛の仕掛けを自作自演した女院に対し、倫子は、(夫の)道長の前で、堂々とそれをあらためて指摘する場面があった。視聴者が、「それワザワザ言っちゃうんだー!」と思ったところだったが、よく考えると、後々、この呪詛騒動が道長も絡んでいたことにされないように、「私たち夫婦は呪詛計画には関与してませんからね!」という念押しの為にも、3人いる時に行ったこの指摘は重要な行為だったのだろう。
単なる小姑と嫁の争いなんてちっちゃいことに収まらないところに、彼らはいる!
権力周りは怖いねえww

こんな知恵が回るしっかり者の倫子なので、ドラマではこの先、道長の心の「思いびと」がまひろであったことを知るのは必定であろう‼︎
その時、それを踏まえて倫子はどう調理していくのか?
スリリングだが、そちらも見ものである!