ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

マイケルジャクソン、、「名誉の復権」 ”THIS IS IT “


茨城県に住んでいた時は移動は主に車で、BGMにマイケルジャクソンのCDもよくかけていた。その途中に少年マイケルが歌う「ベンのテーマ」が流れてくると、いつも、しみじみ聞き惚れたものだった。
後にKing of Popsとなる彼の本質は、ここにある!
一つ一つの言葉を丁寧に、真面目に、心を込めて歌っているのだ。少年マイケルが、レコーディングスタジオでスタッフの指示を真剣に受け止める光景が、目に浮かぶ。
よく聞いていたのが車なので映像が無い分、余計、エッセンスが浮き彫りになって伝わった。


マイケルは、2009/6/25 突然の死を迎える。これが最後と言われたロンドン公演の封切り直前だった。制作スタッフがそのドキュメントを “ THIS IS IT “ で 映画化したのはご存知の通り。

その映画の中、駆け出しの共演のミュージシャン達に対するマイケルのアドバイスは芯をついているが優しくわかりやすく、自身でもギリギリの体調だったのに、人には優しく出来るという姿勢に、とても胸を打たれた。
彼の感性からすると、到底未熟に映ったに違いないのに。
アーティストという人種は、むき出しの神経が表面に出ていることが多いもので、どうかすると彼らから怒鳴られるということがあっても止む無しみたいなトコがあるものだが、マイケルの場合、その抑制が素晴らしかった。
この映画で新たに知った、マイケルの誉めるべき特質だった。

外に発散しない分、自他共に神経が休まらなかった彼は、睡眠剤や鎮痛剤が通常量では効かなくなる(もちろん良くないが)ほどの心身になっていたことは、想像に容易かった。

あれでは、長寿は難しかったろう、、。
(まあ、ただ長生きすればいいってものではないかもだけど)

さて、寿命とは天の差配分野という。
マイケル自身は成功を期待していたロンドン公演だったが、何の災いか、あのタイミングでコト切れたことは、 (誤解を招くかもしれないことを敢えて言えば) 天からのせめてもの救いだったのかも知れない、、。

彼はスター人生の後半、スキャンダルで地に落とされた期間が長くあり、その裁きは法に委ねるにしても、彼の美徳の数々が、あのまま「変人」というレッテルで葬られては悲しいからだ。

皮肉なことに映画化され全世界に発信されることで、公演をまともに開くより、広く世間に知られることになった。そして、それが彼の名誉の復権になった。
今の若者にも再びマイケルの音楽を称えてもよい世の中に戻ったことは、とてもうれしい。

幼い時から、父親からのストレス始め、色々な壁と向き合ってきたマイケルは、今、天でこの世の一切の憂いから解き放たれ、ホッとできているだろうか。

ガゼボ(東屋)、、横浜のイングリッシュガーデン、ソロ散歩part2


前回、横浜の「港の見える丘公園」地続きのフランス山について綴ったが、今回はその続きで、隣接するイギリス山(本ブログ内での通称w)について。


イギリス山の方がさらに高方に広く、薔薇を始めとする色々な花の植えられた、手入れの行き届いた花壇が美しい。高低差を活かして噴水から水が流れ落ちていたりと魅力的な庭園になっていて、この分では休日は混むだろうが、ウィークデーのひとときなら、ベタとは言えやはりデートにも向いてると思うよ!


庭園の中に、「バラのガゼボ」と命名された東屋があった。

以前、アメリカのTV番組「奥さまは魔女」で、サマンサが庭に東屋を造るために銀行に融資を受けに行くという回があった。融資課のお堅い職員は、サマンサが「ガゼボ(放送ではガジボと発音していた)を造りたい」と言ったら、「ガゼボ」なんて我々のおばあさんが使ってた単語を発するような古臭い人(サマンサ)には(返済能力に難有で)貸せない、、なんて一旦ハネつけるシーンがあった。
今時ガラケーを持っている人には、、なんていうのと同じ発想?
そのやりとりもなかなか強烈だったが、私には「ガゼボ」という言葉が初ならば、それは(番組の作られた)60年代当時でさえ既にあまり使われてないのだ という二重の印象を残した単語だった。


こんないきさつがベースにあったため、この日は、「ガゼボ」という言葉が案内板に普通に載っているのには、ちょと違和感を感じてしまった!
造園当時は、”gazebo” は流通していた言葉なので当たり前だったろうが、今見るその訳語「ガゼボ」には倒錯感あり、
これ、大丈夫? あの銀行員なら認めないよねー!
と、ちょっと心配になったw
言葉の訳語がそのまま載る頃には、とうの昔に原語の方では死語?になっているという、、。
かと言って、訳語「東屋(あずまや)」にしても、日本語としても今やあまり身近な語では無いしネ。
概念とか文化は、少しずつ移ろっているんだろうね。
結局こういう時は、エイヤで訳すしかないのかも知れない!

でもまあ自分らしく、昔ドラマで「ガゼボ」に引っかかってて、久しぶりに遭遇でき、なんかよかった〜 と、せめて思った次第w


ここイングリッシュガーデンでは、それら全部ひっくるめて、タイムスリップして色々堪能する というのが良いだろう♡

投錨地(とうびょうち)、、横浜のフランス山ソロ散歩


ある日の午後、横浜中華街から足を伸ばして、港の見える丘公園を散策した。今、流行りとかのソロ散歩だ!
興味の赴くままにあちこち歩くというのは性に合っているので、たまに繰り出すw


港の見える丘公園の地続きにある「フランス山」には、市で立てた案内板が多くあり、その一つに、フランス軍陣営図(1865)の部分図、写し が載っていた。洒落たオールドイングリッシュ文字で “ Rade de Yokohama “ と、図のタイトルが書いてある。最初のRがオシャレ過ぎて読み取れず、K、H、Rに渡りをつけて、帰宅後調べたら、Rade =投錨地 であることが判明。学生時代、二外が仏語だったので、こういう時どういう単語を使っているのだろうと興味があり、例によって変なところに引っかかってしまったのだ!

調べると、今度は、読めない見慣れない耳慣れない「投錨地(とうびょうち)」という訳語に引っかかる!
これはまず、錨(いかり)をおろす場所という意味で、どうやら海関係発生の言葉のようだ。この単語は、外国語でも日本語でも、時にはこのように海に関連する陸地にも応用することがあるんだね。


このフランス山は、そもそも、1862年生麦事件を受けて、英仏などの諸外国が日本滞留の自国人治安の為に駐屯地を設けたことに始まる。隣接してイギリスの駐屯地も造られたのだった。

横浜は、幕末の黒船来航よりこの方、外へ開く港の都市としてのイメージが強いが、さすが、ふとした歴史の跡にもそんな匂いが感じられるのだった♡


私はこのフランス山を登るに、うっかり階段を昇り始めたが最後、これは、まあまあ心臓破りの階段だった。
下調べもそこそこの気ままなソロ散歩とは、同行者への配慮は無い分、いきなり苛酷な行と化すこともあるw
中程の踊り場で、脇の坂を上がればよかったとため息をつくも、その後をがんばったのであった!
ソロ散歩の落とし穴には、お気をつけアソバセ!!

サッカー談義は楽しい! + 小野伸二さんの話


家では時に、息子達とサッカー談義をするが、圧倒的に知識が劣る私としては、向学も兼ねているw
でも、たとえどんなレベルでもサッカー談義はそれなりに楽しいもので、無責任に「もっと、〜すればいいのに〜」なんて言っては、「そんなに簡単じゃないんだよ」とたしなめられたり、それは何故か教えてもらったりしているが、、楽しい!
サッカーは浅く広く薄くの私だが、誇れるとすれば、古くからというところだろうか?!


ワールドカップ98年大会は、日本がグループリーグで敗退すると、潮が引くようにメディアも取り上げなくなる、まだそんな時代だった。でも、サッカーの内容、質としては、ここからこそが面白かったのよね。日本戦の時は、別格の気持ちで観戦するが、日本敗退後のトーナメントからは、ある意味複雑なれど、落ち着いて観れるわけだった!当時は地上波なんかではやってくれず、スポーツニュースもガン無視となり、NHK -BS放送で(夜中に!)見れるのみだったんだよ。(当時はネット環境もまだまだで)
当時、職場でも、あれこれ語り合うのは、一部のファンの同僚とのみだった。


まあまあ古参のファンの証として、エピソードをひとつ綴ろう。
グループリーグの最中、ある晩、予知夢?で、「小野伸二が快走して活躍する」っていうのを見た!そんな夢は、後にも先にもそれっきりで、私に特段そのテの能力があるわけではないのだが、、きっと、ワールドカップがとっても気に入ったんだろうネ。
NHK -BSがワールドカップへのコメント募集で、何人かにはバッジ進呈というのがあり、その夢を頼りに応募してみた。
短いコメントの後、
「小野が点を入れるような気がする。」
と書いたら、限定バッジをGET出来た!まあ、倍率がかなり低かったろうこともあるが、 きっと「小野」が効いてたような気がするんだよねww
もう変色しているが、小さなそのバッジは、自称サッカーファンの「お宝」として大切にしてる♡

実際、第3戦目のラスト数分前に投入された小野は、ゴール前で目を見張るドリブルを見せて魅了した。時間が短すぎて得点には届かなかったものの、こういう人、いたんじゃん!ってみんな思ったんだよ。夢ではもっと凄かったから、もっと早くに入れててくれれば〜と、口惜しかった思い出がある。
先日の対ブラジル戦で、スタンドで観戦の小野は中田(ヒデ)と、レジェンド2ショットで画面に抜かれてたよね♡


というわけで、11月後半開幕のワールドカップでは、是非、カードの切り方は早目にお願いしたい。
数十年前からの思いが、そう言ってる!
楽しいサッカー談義、最後は注文で終わるww

三笘と伊東のゴールアシスト!   サッカーキリン杯、対ガーナ戦より

対ガーナ戦での個々の日本選手のアピールについては、色々言われているが、三笘と伊東(純也)は、ゴールアシストも出来るという一枚上の段階にあったように見えた。本人達の得点力や有益性などは、既に実証済みの上での ネ!
彼らには、アシスト力をアピールしようという気持ちが特段あるようには感じなかったし(別にあってもいいけどw)、チームに良かれというプレーが出来てたってことだよね。


結果的に三笘のゴールとなった1点も、まるでビンゴのダブルリーチのような保険付のシュートだった♡
試合後のインタビューで、そういう風に意識してたこと、ちゃんと言ってたね。どちらでもいいような筋に蹴った みたいなことを。
瞬時に、その2つが可能になるシュートが打てる余裕は頼もしい。

私は地元が川崎なので、川崎フロンターレ出身の三笘について語り出したらキリないし、もう十分賞賛されてるようだから、この辺で話は “伊東” に切り替えようw


私のいつも感じる印象では、この人、ピッチに登場するとパッと明るくなるんだよね。
何も金髪のせいではないよw
(でも、W杯本番でもぜひ金髪で!)
足の速さもその “陽気” に一枚噛んでいるとは思うけど、それだけではない 彼の個性 なのだろう。日本人には割に少ないでしょ。
ピッチやスタンドに明るい風を送り込むこういう存在、ワールドカップのような大きな大会では大事なのよ。
こちらも、代表初ゴールとなる前田のいいところを引き出すようなお膳立てをしてあげていて、感動だった♡


このブログだから、これがおまけでついてくるんだが、ルパン次元五ヱ門の関係も、己の武器を生かしつつ、互いへのアシストがいい結果を生み出すし、いつも感動を呼ぶのよね。
究極、「ルパン三世」の魅力は、それだと言ってもいいw

日頃は、所属チームでプレーしているそれぞれだが、集合した時は、ぜひ、いい連携をとって勝ち進んでほしいネ。
ルパンフリークとしては、その大切さ、推しときます♡

ゴリウォーグのケークウォーク、、from「ルパン対奇人二面相」


シュールレアリスムの奇才芸術家・ダリをもじったであろう本作の主人公ダレの本作については、過去何度か触れたことがあるが、今回はBGMの観点から綴る。


ドヴュッシー作「こどもの領分」より、「ゴリウォーグのケークウォーク」という曲は(題名は分からずとも)よく知られたメロディーだが、これが本作のBGMに使われていることが、実はず〜っと気がかりだった。
音楽自体はユニークな佳曲なだけに、この選曲はなぜ?と。芸術家としてユニークなダレ(ダリ)に、ただのユニークつながりとして合わせただけではないだろう と!

そしてこの度、私がこの曲の題名を知ったことで、ちょっとした謎が解けたのでそのご披露だw


「ルパン対奇人二面相」は、ダレが、アーティスト的感性からルパンの風貌に惚れ込み、ルパンを拉致ってわざわざスモークにし、人間風見鶏として永遠の美に留めようとするサイコ的なところはあるw
何かとヒク感じはあるのものの、音楽を含めて印象に濃くとどまる作品だ。


まずは、用語の簡単な下準備。
ゴリウォーグ
19C末、英文学者が考案した黒人キャラクター
ケークウォーク
アメリカ南部、黒人間で流行った2拍子のリズムの軽快なダンス。ジャズの発祥のひとつとも。

ドビュッシーがそれらに啓示を受け、作品「こどもの領分」の中の一つとして作曲したもの。


ルパンに、「ケークウォーク」のダンスを思わせる軽快な片足立ちポーズをとらせ、スモーク部屋でこんがりとさせる(ゴリウォーグに似せる)というもの。
本作ではその意味を詳しくは語ってないが、読み解くと曲名の意味とマッチしていて、わかる人にだけわかる という仕掛けになっていたのだ!
このことは、肌の色のこととか色々と誤解も生みかねないので、名前のダリ→ダレと同様、含意だけに留めたのかもしれないネ。


ともあれ、本作でのダレの何かと妙なこだわりに、このBGMはキモとして仕掛けられていたことが判り、自己満足には浸っているww

ダレが、ルパンを素材にして創作した(最後にルパンは無事逃れたけれど)作品、風見鶏のタイトルは、「ゴリウォーグのケークウォーク」というわけだったのだ!?

サッカーU23アジアカップ UAEvs日本 超俯瞰観戦記!


昨晩10時からスタートのこの試合、日本側は将来への展望を見越してU21が出るんだ との情報を長男から聞き、その心意気いいね!ってことで、たまにはこういう世代のも見てみようと私も観戦。
ここに綴るのは例によって、講評というより感想だw


前半は忍の一字の試合が続き、アディショナルタイムのことを忘れた主審が終了の笛を吹いたが取り消して再開、謎の1分が過ぎてハーフタイムへ。
なるほど、気づいた。
今日は、選手双方と審判、みんな「これから」の人なのね〜!


後半16分、鈴木の先制で待望の日本得点。が、その直後、UAEも得点で1ー1に。さらに相手がPKを獲得。そのPKが止められるわ、止めるわ(こっちはよかった〜!)で、この試合、何かとフツウではないw

どのタイミングだったか、「U23おもれえ(笑)」というtwitterの誰かの呟きに思わず、いいねを押していた!


また、途中いつだったか、UAEのイケメン監督(多分監督だと思うんだけど、、)の横顔が随分長いことカメラに収まる!
カメラマンもやっぱりヒマだったのねーww
通常ならこのレベルだと「カッコいい」とかなんとか、すぐtwitterが長々騒がしくなるのに、一切、その種の呟きは無い!
それだけ見ている人が少ないってことが判った。
これ、ホントのコアなサッカー好きしか見てないってことねw


そして、細谷のヘディングが決まると、異例の長さのVAR判定へ、、。
真面目そうで憎めない主審へ、再度難問が降りかかる。解説者曰く、見方によっては判定が変わる難しいレベルだというから、今日の主審にとっても、これまた見方によっては、能力upへのいい学習になったかもしれない。
このヘディングシュートはい〜いゴールだったので、点に活かしてあげたいという期待が通じたか、得点に♡
主審の結果判定ジェスチャーもまた、?? 
、、わかりづらいものだったが、ともあれ良しとしよう!


因みに日本はその後、中島投入。彼もいい動きを見せていたよ。

90分が過ぎ、日本としてはもう終わりでいいのに、、あのVARのお陰で(せいで)、今度はアディショナルタイム、6分!

今度は無事しっかりと終了の笛が鳴り、2ー1で日本が勝ちました。

今日のみんなは、これからこれから、、。
観戦者も含め、おつかれさまでした♡