ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

三浦義村、、山本耕史さん from 「鎌倉殿の13人」/「歴史にドキリ」


大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で、掴み所のない策士、三浦義村を好演している山本耕史さん。私は、ドラマウォッチャーではない方なので、あれこれ彼の演技の変遷を語ることはできないが、10年ほど前、Eテレ「歴史にドキリ」という番組の中で、歌い踊り演じる山本さんのことは、強く印象に残っている。


武田信玄vs上杉謙信を扱った回で、途中、「戦国の雄たちよ」という曲に合わせて、中村獅童さんと山本耕史さんが両者に扮して、ノリノリでカッコよく歌い踊る。さらに、バンド活動もする山本さんは、一瞬だがエレキギターを弾くシーンまであるのだ。

この時から、色々な可能性を秘めた役者さんだなということは感じていて、何かと注目はしていた。今回、三浦義村役で彼が演じるのを見るまでに、この間、私生活では、ステキな奥様(堀北真希さん)とお子様方にも恵まれている。ご本人もそう自覚されているように何かで読んだが、芸風も、より一層幅を広げられ、私生活の変化がいい方に作用されたようで何よりと思う♡

「鎌倉殿〜」では、御家人たちのあのサバイバル競争の中にあって、三浦は(文官で無いのに)結構長く生き続けるから、その手腕をどのように好演されるか今後も興味深く追っていこう!


「歴史にドキリ」についても補足!
この番組は、10分程度の番組ながら、映像と共に史実が解りやすくまとまっていて、以前、子供と楽しみに見ていた。途中で、毎回多彩な音楽シーンがある。作曲・ヒャダインさん、歌踊り・中村獅童さんで、振り付けも斬新、歌詞も歴史のポイントが要領良く詰めこまれていて、感心していた。どの回も魅力的なのだが、特にパッと思い浮かぶのは次の3作品。上述の回と「近松門左衛門」の回、「小村寿太郎」の回だ。

近松〜」は、歌舞伎が本職の中村獅童さん真骨頂の回で、実際、作中、心中(しんじゅう)ものを女形の歌舞伎役者さんと2人で演じられ、一方では人形浄瑠璃も登場するという豪華版だ。ヒャダインさん始め、スタッフの方が製作に特に力を入れたであろう、超、魅せられる回となっている!
「小村〜」は、小村寿太郎役の中村獅童さんと、陸奥宗光役で作曲のヒャダインさんが特別出演していて、これまた異色のユニークでカッコいい仕上がりなのだ。

「歴史にドキリ」は今でも放送されているようなので、よろしかったらご覧あれ! 
きっと後悔させませんから。
(なんの売り込みじゃ?! いいものはいい と言いたい性分ゆえw)

トウの育ての親 from 「鎌倉殿の13人」


「あなたは “ 火の鳥 “ を読んだことがありますか?」

「鎌倉殿の13人」で、アサシン善児の弟子、トウ役に山本千尋さんがキャスティングされた時、彼女が、脚本の三谷幸喜さんから尋ねられた言葉らしい。山本さんは、その時それを読んでいなかったらしいが、まだ20代半ばの彼女にとっては無理からぬこと。これを聞いた善児役の梶原善さんが、「僕には聞いてくれなかった!」と拗ねて(?)いたのは可笑しい。梶原さんはもうベテランだから、その必要が無いんだねw


そこで、謎解きのようなこのヒントを、若手の山本さんに投げかけた三谷さんの意図を考える。


山本千尋さんは、武術の世界大会、金メダリストという経歴を持つ異色の美しいアクション俳優だ。
思うに、珍しいこの経歴と、彼女の俊敏な身のこなしから言って、彼女の俳優人生は、今回のような殺陣(たて)などのアクションが多いものとなるだろう。

手塚治虫さんの「火の鳥」は、輪廻転生などの死生観が大きな柱だったりする。今後、彼女が色々な役に向き合う時、精神の安定を図れるように、また、今後、深みのある演技者になって欲しいという考えから、三谷さんは彼女にこういうヒントを与えたのではないかと推測する。


マイケルジャクソンが “ This is It “ で、共演の若いエレキギター奏者に、優しく的確なアドバイスをしていたことに感動した話を、以前、このブログで語ったことがあるが、このように、三谷幸喜さんも後進を育てるという意識を持たれているように感じる。
その道の大御所にいる立場の方が、このような心持ちでいることに尊敬する。

三谷さんは他にも、山本さんに「この役を楽しんで演じて下さい。」ともアドバイスされたとか、、。

トウの育ての親は、善児と三谷幸喜さん、実は2人いたように感じている。


ドラマでは、トウは善児と共に架空の人物だが、両親を殺された挙句、否応無くアサシンとして育てられ、三浦義村とのギリギリの戦いの顛末を見せられると切なくて、トウのその運命の定めは不憫でならないね。


追記)
三谷さんが口にした手塚治虫の漫画「火の鳥」は、実は私自身もずっと気にかかりながら後回しにしていた作品だったのだが、お陰でこのエピソードをいいきっかけとして、早速全巻取り寄せ、ひと通りだが読み終えてみた。
火の鳥」ついては、いずれまた綴りたいと思う。

ノースロンドンダービー ガナーズ スパーズ!/ アーセナルvsトッテナム

昨晩、ノースロンドンダービーを観た。
ファンには既知だろうから誰得かわからないけど、基本の用語解説を簡潔にしてみます!

ロンドン北部に隣接する2つの歴史あるサッカークラブ、アーセナルトッテナムのダービーのことを、ノースロンドンダービーと言う。
イングランドの場合は、ダービーとは、地理的に近接した2チームによるもので成っているが、他の国では、必ずしもその組み合わせとは限らないとのことだ。

ガナーズ、、アーセナルFCの愛称。兵器工場の労働者から発祥したチームなので、gun(大砲) → The Gunners ガナーズと言う。マークも大砲。

スパーズ、、トッテナム・ホットスパーFC (←正式名称)のスパーから。愛称。
スパー(spur)とは、トッテナム湿地帯の所有者だった貴族パーシー家の元祖、英雄騎士ヘンリーのあだ名、ホットスパー(hot spur 燃える拍車!)に由来するらしい。
この綴りなので、ホントはスパーのパーの発音は、明るいア音ではないのだねw どっちでもいいか?!


家族にグーナー(俗語で、アーセナルファンのこと)がいるので、私もガナーズ寄りに観戦してるが、昨日の試合は、両者見応えあって楽しかったよ。

試合では、1点目はアーセナルの中盤の要、トーマスが放ち、エミレーツホームが沸く。次にトッテナムのハリー・ケインがPKを決めて1−1に。キーパー、ラムズデールに手を合わせたものの、PK得意で安定のケインじゃ難しいよね〜、難しかった!
ただ、状況をジェズスがひっくり返してアーセナルは勢いを増していった。
彼は、今のところブラジルの代表に選ばれてないなんて考えられる〜?昨日も軽やかな動きが健在だった。

そして、トッテナムにレッドが出てしまう。今時期、ワールドカップを目前にして、レッドカードが出やすいようになってるらしい。FIFAがお願いしているのかなと推察する。この時期、特に国の主砲なんかが削られて負傷すると、色々と良くないもんね。厳し目でも仕方ないとさすがに思うよ。

で、相手が10人になった時のサッカーは、強くて好調なチームって、機を見逃さないんだよね。まもなくジャカが3点目を決めました!ジャカが決めると、グーナーは格別に喜ぶんだよw

アーセナルは連携が良く、トッテナムはダイナミックなカウンターが怖く、一気に形勢が変わるなど、ワクワクした試合だった♡

アーニャ from 「SPY×FAMILY」

オタクの掟には、1つの推しに命を捧げて他に浮気しない っていうのがあるようで、私の場合、アニメでは「ルパン三世」なことは間違いない。が、TV放送後に存在を知って、気に入り始めたアニメ作品が1つある。それは 「SPY×FAMILY」だ。まず、両者ともアニメの色彩が好みということがある!そして、ルパンは、私の場合、異世界への憧れのようなものがベースにあって、これは揺るがないものだが、SPY〜の方は、育児経験を経てきた自分と何かと重ねることができ、見ていて追体験みたいな楽しさが隠せないのだ。


排他的なのは性に合わないし、自由にいいものをいいと言えないのは変だ!
これまで幸いなことに“オタク仁義の壁” にぶち当たったことは無かったが、上のようなワケで、今回は禁を破って、SPY〜については、これからも時々綴ろうと思う。どうぞ、悪しからず。
但し、ワールドカップシーズンと被ってくるので、そちらに押されることになるとは思うがww


個人的には、やはりアーニャの可愛さに取り込まれている!
作画の可愛らしさに加え、アーニャの声優さんの多彩な表現力も大きな魅力だ。
ロイドが、任務に恰好な子供を孤児院に探しに行った(この任務は彼にとって青天の霹靂だったので、最初はまだこの距離感だったw)時、アーニャを見て、4〜5歳に見えるが? といぶかったら、アーニャは背伸びして「六つ」と言ったシーンで、私はもうすっかりアーニャ沼にハマってしまった!

以後、何かにつけ「あの背伸び」と「六つ」の声が脳内再生されて、アーニャを親身に応援してしまう。イーデン校入試面接の時然り!


物語では、育児で大人たちが思うようにいかずにもがくところが、経験値から痛切に身に沁みるw
そして、寮長のヘンダーソン先生の、どこまでもエレガンスを追求する姿勢が好きだ!
彼にしても、生徒達にエレガンスを期待するハナから、アーニャ達が「クソ野郎」なんてヤイヤイやってるのを見ては、「そうでもないかも?」って、天を仰いでいる!寮長、かわいそ可愛いわw それでも、諦めない姿勢がいいね。
自分のことなら万能のロイドにしても、子育てには手を焼いてるし、、!
私は、子育てに重ね合わせてこの作品を楽しみながら、第1クールはつくづく登場人物みんなの成長物語でもあるなあと感じてる。


アーニャのいるロイドファミリーは、即席に組み合わせたという引け目?からか、家族みんなが互いに遠慮もしつつ、理想を模索し努力していて微笑ましいが、かえって程よい距離感なんじゃないかと反省混じりに思うところが大きいね。普通は逆に、干渉気味になったり、価値観を押し付けたりしちゃいがちでね。ロイドファミリーに、気にすることないよって、言ってあげたい気がしてるんだ!
あと、「ミックスナッツ」の曲もステキ過ぎるネ♡


昨年の今頃は、ルパン三世Part6のスタートを楽しみにしていた時期だった。10月1日夜〜SPY×FAMILYの第2クールがTVでスタートする。今年の今も、楽しみにするアニメがあることになろうとは!
日本のアニメって色々と力があって、凄い♡♡

台風、、ヘクトパスカル(hPa)のこと


警報!今日のブログは、賢者の方にとってはコトにアホっぽい内容となっており、途中、読むに耐え無くなった段階で離脱することをお勧めします!
当然、学術的な話ではありません!!


「台風は勢力を増してきており、中心気圧は910ヘクトパスカル
「おぉー!」

気象予報士のこんなアナウンスに気圧されて、長いこと、こんな反応をしてドキドキしてました。
なんだか900という数字の大きさ(なんか大きい!)だけでも圧倒されて、ワケも分からずに。

「勢力を増す」って言うなら、その前は850位(←コレ、実はヤバイ低さらしい!)だったのかなあ などとも思ってましたw
hPaの数字が増せば増すほど勢力↑と勘違いしてたのです!


恥を承知で言えば、

〈 ヘクトパスカルの数字は小さくなればなるほど勢力を増す 〉

ということを知ったのは、5〜6年前のこと!
学校時代、当時はミリバール(mb)で習ったが、数字の推移までは関心が無かったのか、すっかりヌケ抜けて落ちていたのでした。
なので、これは先生のせいではありません、念のためw


厳密には、hPaの数字の推移は、台風の被害の大小とは必ずしもリンクしないらしいけれど、ここではあくまで原則を書いてます。

で、私はただ、〈 〉内のこの対応でマル暗記してますw


ここまで、呆れながらもお付き合いくださったあなた、、世にはまあまあこんな人もいるってことで、OK?!
そして、毎年やって来る台風シーズンのたび、少し前の私のように、ニュースでこんな誤解をし続ける人がもしいたらちょっと残念に思うので、そんな方のために今日は一肌脱いでみました!

ヴォルデモートの盲点 その2 from ハリポタ「死の秘宝」


前回に続き、もう一つ挙げたいのは、「死の秘宝」にまつわる「3つの物語」のことだ。

ハリーの親友、ロンは有名な魔法族の一つ、ウィーズリー家の出身で、母親からの(読み)聞かせで、小さい時から当然知っていた話だった。彼はコレに留まらず、他にも魔法族的常識が結構自然に身についていたりする!

魔法族であることを知らされないで育ったハリーや、マグル(人間界)出身のハーマイオニーは、この話を知らない。
ルーナの家で、この話を死の秘宝のマークの意味と共に、彼女の父親から聞かされるのだ。
私達視聴者も、ここで一緒にその物語を始めて聞くのであった!
ここの映像は影絵タッチで神秘的で、とても印象に深いものだ。

そして肝心なことは、ヴォルデモートは、やはりこの3つの秘宝の力を知らないんだよね(良かったー!)。


ハリポタでは、ヴォルデモートは「愛」を知らない人、信じない人として描かれており、つまり、他人に対する信頼は無く、己しか信じないところが強烈で、恐怖政治で人を縛る結果、有用かもしれない情報が案外集まらないという欠点があるのよね。
よって、ヴォルデモートと言えども、人一人の力には限界があったか?

その点、ハリー、ロン、ハーマイオニーは、互いに弱点を補って、友情を信じ、万事乗り越えていく という違いが、ハリポタでは繰り返し描かれている。

手前味噌だが、ルパンファミリーの場合もやはり後者で、力を結集するから見ていて気持ちがいいのよ♡


「親子の縁は3世越し、親友との縁は7世越し」という言葉を最近聞きかじり、なんか感じ入ったばかりだ。
家では、ハタチ前後の息子達に、私がもう直接何をしてあげるでもなくなってきており、今夏も楽しそうに友人達と行動を共にしている姿を見るにつけ、子供の友達に対して、よろしくお願いしますって、ただただ感謝する日々である。

ヴォルデモートの盲点 その1from ハリポタ「賢者の石」

ハリポタの1作目「賢者の石」に出てくる番犬、3つの頭を持つ犬フラッフィーの元ネタは、ギリシャ神話に登場するケルベロスだ。ハープの音で眠るという特性も同じ。冥界への入口にいる番犬なのだ。

クィレル先生に寄生したヴォルデモートは、ハグリッドに接近してハープの音のことを聞き出しているが、ギリシャ神話の知識があれば、予め類推が効きそうなことだろう。
彼は学生時代、最優秀だったけど、超現実主義者でもあるから、神話などへの興味は無いし、その辺は無視して単位が取れるものの学問のみを超合理的に学習していたのでは?と想像する。彼の盲点だよね。

この映画を見て西洋での常識的知識の背景があると無いとでは、解釈の深みが違うんだねw w
まあ、ヴォルデモート状態なワケだった!


今日のこのブログの発想にはモトがある。
最近、ある単語の語源調べをしていて、いつのまにか医学用語の語源の論文に迷い着いた。
それは千葉大医・杉田・池田両氏による対話形式の論文で、内容は興味深く分かりやすかったので、門外漢の私なりにも共感した。


例えば、「クモ膜下」という英語の学名は、その形状がクモの巣に似ていることから、ギリシャ神話に出てくるアラクネという機織りが上手かった女性の名前に因んで学名を付けているとのこと。論文の中で論者は、西洋の学者のその命名センスに感心している。症状からの映像の結びつけ方、発想の飛ばし方が、医学の学習理解度にも効果的というわけだ。
現役医学生は、学名をただマル暗記するのではなく、背景にこの様な幅広い知識があるといい というようなことを述べていた。

こんな理想は医学に関わらず、文系理系の壁を超えて守備範囲を広くすることは、次の創造への足がかりになるかもしれないね。


しっかし、今の時代、やること多いし忙しいしで、現実にはそうそう手が回らないってことは、よーくわかるよ〜w