ルパン三世 & something

ルパンを語って微笑みを届けたい  他にも気ままに綴ってます♡

「アーセナルが良すぎます」 アーセナルvsニューカッスル戦

まずは好調な滑り出し。
開始17分にオウンゴールアーセナル先制点。これは実質 byガブリエウ。
ニューカッスル選手同士によるゴール前の混戦だった!
これはスローで、も一度見てみたいねw
23分、マルティネッリからの折り返しをハヴァーツが綺麗に決める。

ここで、「(別に相手が悪いわけではないけれど) アーセナルが良すぎます!」との解説者林さんからの嬉しいコメントあり!

ここまで、マルティネッリ自身も何度かシュートを打っていたので、いつもながらに彼自身にもゴールもあげたいな。しっかし彼は、守備でもよく貢献している♡
ウーデゴールも今日もプレスに走り回って偉すぎる!
ラヤは、いつに増して積極的にピッチにまで出てきては配球している。
で、調子もいい♡
(他選手たちも)以下同文‼︎

2−0で前半折り返し。ニューカッスル相手だし、「2点差は安心するな」だが、この調子なら期待の方が上回る♡

後半63分トロ投入。ちょうどその直後、サカが上手く切り返してシュート!3点目。貴重な追加点となった。
やっぱり、この人の存在感は、濃いねえ。
そして69分、ライスのコーナーキックから〜キヴィオルのヘッドで4点目。
これにより、選手の大幅な入れ替え。主力を休ませる為にも、早めにこれができるような試合展開は望ましい。
だが84分に、ニューカッスルのウィロック(元ガナーズ!)に1点返された!
終盤、ジョルジーニョが足攣って交代した時は、今日の活躍に対し、スタンドと共に家でも拍手♡ 今日はアンカー役を見事に果たしたのだった。
75分に投入されたスミスロウは、94分、ボール持ち上がりからのペナルティーエリアまで進入!このプレーに、今後への夢を馳せるよ♡


今日はまず、CLポルト戦の負けを引きずってなくて良かった。
というより、今季のアーセナルは「悪い気持ちを持ち越さない」という長所があるように感じていて、これはとてもいいことだ♡ じゃないと、一敗が二敗分になってしまい、バカバカしいもんねw
チーム内で、誰々がこういう明るい役回りを担っているのだろう?と想像する、、ともあれgood!


実はあの後、仮眠で4−3という展開の夢を見てしまい、目覚めて混乱した。
えっ、さっき勝ったはずだよねえ!? こんなことじゃ仮眠、意味ある?
もしかして無意識下にビクついてたのは私の方?? イカン、イカンww


アーセナルは、(プレミア)リーグ戦ではこれで6連勝ということで、
この調子、この調子‼︎
グングン上げていこう!

痛恨の失点! CLR16、1stレグ  ポルトvsアーセナル戦

7年ぶりにCL復帰のアーセナル
トーナメント戦(R16)対ポルトの初戦の地は、awayエスタディオ・ド・ドラゴンだ。
敵地に挑んだガナーズだったが、、


アーセナルは立ち上がりから、何かしっくりと来ず、試合を通して後手に回っている感じが否めない。
双方のCB、サリバとぺぺの守備は互いに堅い。
相手キーパー・Dコスタはハイボール処理や判断が良くて、当方は苦戦する!彼は、ビッグクラブから複数引きがあるというのもわかるなあ。
後半、アーセナルは70分過ぎにジョルジーニョの投入で少し好転したが、結果的には追いつかなかった。

そして、まさかの事態を迎える!
後半AT終了間際、相手FWガレーノに決められてしまった。
今日はライスが初っ端でイエローを貰い、少しイヤな予感はしたものの、ポルトのことは何も知らないまま、「今日は大丈夫っしょ!」と勝手に楽観視していただけに、最後の失点には動揺が隠せない。
白状すると、今日のブログの見出しは「ニルニルの〜」と、既に打ち込み始めていた終盤だったのだww

ポルトは普通に強い相手だった。


いつも、こんな開始時刻の時はハーフタイムに洗濯機を回しておき、終了後に晴れ晴れと干す! というスケジュールにしているのだが、それも冴えない作業となったw
おまけに雨で部屋干しだww
せめて続く朝食には、冷凍していたいつもより甘めのパンを引っ張り出して、癒されることにしたのだった‼︎


アーセナルの枠内シュートは0 という今日の戦況の内容には逆に驚きまであるが、原因をよく吟味して対策を立てないと だね。
次戦は、リハビリ中の冨安を始めとする各選手達のカムバックがあれば、さらに打開の道も開けるはずだ。

W杯でラスト、西野ジャパンが攻め続けて、ベルギーにひっくり返されたあの時みたいに、今日のアルテタアーセナルは、あの時間、試合を納めずに攻め続けちゃったんだよね。結果としては凶となり、戦略としてはどうなんだ?かもだが、16強の戦い方としては若々しくて、個人的には好きなんだ♡
それで突破出来ればね、、今なお、成長中なのだから!
彼らの気迫に明日を見る‼︎

アーセナルは自ら隘路に彷徨うことになったが、次回のホーム、エミレーツでは、今日やられた以上のことをやり返すべく、ぜひ頑張って欲しい♡
第2戦目は、もっと痺れる試合になるのは必至だ!
COYG ‼︎

ナポレオン・ボナパルトの辿った地理的軌跡

18世紀末からのヒーロー、ナポレオン・ボナパルトの生誕地から没した場所までの軌跡を辿ってみました!その生涯を、よくも縦横無尽に駆け巡ったものです。歴史とか考察の方はご興味あれば各自で掘ってみることにしていただいて、今日は主に地理的興味からだけ、ザッと羅列して行きますw


生誕地:コルサ島(=コルシカ島)(フランス領)

パリ、マルセイユ、ウィーン、エジプト、トリノ、マレンゴ(伊:北部)、ブローニュ(仏:北部)、ウルム、アウステルリッツ(当時のオーストリア帝国領、現チェコ)、イエナ、ベルリン、ポーランド、スペイン、ロシア、ドレスデンライプツィヒエルバ島(当時フランス領)、ワーテルロー

没地:セントヘレナ島(イギリス領)


以上、地名だったり国名だったりバラバラで笑えますが、主なところを拾いました。重要なヌケがあってもご容赦を!自分が遠征したわけでもないのに途中から若干疲れ、なあなあになりましたww
要は、いかに色々と巡ったかということを伝えたかったのです!


このテーマを語るきっかけは、ナポレオンは島生まれで、かつ、島流しにあったエルバ島の時は脱出し、今度は簡単にはすぐ帰れないアフリカ沖の島にした ということは知っていた上で、その没地セントヘレナ島を地図であらためて探したら、思いの外、南方で驚いたからです!
それは、アフリカのアンゴラナミビアの西の海域、南緯20度付近でした。
フランスやイギリスの本土は北緯40度〜60度帯にあるので、「赤道をも越えた、はるか南の海」ということですね!


ちなみに、ポルトガルのサッカー選手C・ロナウドマデイラ島出身ですが、この島は、(日本の瀬戸内海の島々のように)ポルトガルのすぐ沖にある(勝手な)イメージでしたが、アフリカのモロッコ西方の海にあり、これまた2度びっくりでした‼︎
でも彼の場合は、今なら帰郷は自家用ジェットでもなんでもOKでしょうね!?

この海域(大西洋)の島々は、スペイン領、ポルトガル領、英領などが多々あり、各国の世界覇権の跡が読み取れます。
ご覧になると、奥深いものが見えてくると思いますよ。


軍人ナポレオンの生涯は、その軌跡を見ただけでもダイナミックなものでした。

ルパン三世」では獄中からの脱出劇というのは、よくあります。まあ、こちらはフィクションなので面白がっていれますが、ナポレオンの場合もルパン並に(!?)また帰ってくることを恐れられて、あんなにも遠い島に流されたというところに、逆に、彼に対する脅威のほどを感じてしまい、さ〜すが!と思ったのでしたww

雨のバーンリー戦、確実に勝つ! バーンリーvsアーセナル戦

開始5分、ライスからのパスを受けたマルティネッリの鋭角折り返しを突き刺したのは、ウーデゴール。先制点だ。
41分、トロサールが獲得したPKをサカが決める。
先のウェストハム戦の時のように前半でまた、トロが一発取ろー なんて軽口まで飛び出していたのだがw、このまま折り返し、0−2。

「2点差はまだ安心するな」というものだが、ここ迄の試合を見る限り、さほど脅威には感じないというのが正直なところではあった。
今日はバーンリーのコンパニ監督は、前回何があったのか、ベンチには入れず。今季、アーセナルのアルテタ監督にもそういうことがあったなあw
なので勝手にシンパシーww


後半開始早々47分、きれいな流れからサカがスカッと決めた、ニアハイ♡

冷たい雨が降る中、62分、怪我でバーンリーのラムジーが担架で運ばれ、見るも痛々しい。大事に至らないことを祈りたい。
アーセナルもそうだが、どこのクラブも怪我人が増えている。
天候不順だと特に滑りやすくなるし、勝っている場合は、交代も有効に使い、かつ無理なプレーは禁物だね!

66分、前半トロサールに何度かお預けだった得点がここで決まる。エライ!4点目。
ここから、アーセナルは大幅にターンオーバーの開始。
そして78分には、中に切り込み股抜きで、ハヴァーツに得点が〜!見事♡


後半ATは10分と長かったので、いつもながらアシストや守備に、最初からず〜っと頑張っているマルティネッリにも点をあげたいなあ と特に願ってはいたが、今日は雨でスリッピーなピッチだし、これ以上は望むべくもなかった、、

また、ウーデゴールのプレーの質の高さ、天才ぶりを今日も存分に味わえた!ウデゴの片うでが大きく振られながら、ボールを前へ持ち出すシルエットとか、(今日はなかったが)トゥーステップを挟みながら軽やかに進んで行く姿が繰り出される時は、チャーミングで美味である‼︎

怪我で離脱中の冨安については、陸上の桐生選手がこだわってそうしているように、フットに合ったオーダーメイドのシューズをあつらえるという怪我対策への具体的改善の余地が、まだあるような気がしているのだが、、早い復帰が待たれる♡


この試合は0ー5と確実な勝利。
アーセナルも複数の選手の怪我で選択肢が減る中、上手くスカッドを繰り回して連勝中♡
この調子で、次回のCL戦もゲットして行こう‼︎

自分に似合うファッションは?

自分に似合うファッションってなんだろう?と思うことはありますか?
今日は特に女子向けの話かもしれません(その方法も含めて)。
私が最近活用している方法を書いてみますね。


普段よく見慣れている12星座は、詳しくは太陽星座と言われるものですが、対応して、「月星座」というのがあります。まずは自分の生年月日等から、これをネットで検索して出します。
そして、それの180°反対の星座を(星座盤などから)見ます。
[例]月星座が双子座 → 反転星座は射手座(←コレ)
これが、あなたの「月星座反転の星座」です。これを使います!
これに該当するファッションが、あなたに似合うものとなります♡
ネットなどで、太陽星座で似合うファッションという記事があったりしますが、「月反転星座の方」に読み換えるのです(先ほどの例で行けば、射手座のところを読む)。
その際はあまり細かいことは気にせず、エッセンスを読み取りましょう。

くれぐれも月星座の方を見てはダメよ!それはきっと貴女が夢見る嗜好なので、とっても共感するでしょうが、残念ながら実は最も似合わないものとなっているらしいのですww
さながら「自分がいいと思うものが必ずしも人から見たら必ずしもそうではない」という例に、当てはまっているようです。


調べてみて、もし、あなたに似合うファッションがオーソドックスとかフォーマルとかだった場合、若い方には特に不愉快かもしれませんね、、実際、こういうのに該当する星座は2〜3あるようです。
(ちなみに、私はこの類に該当しちゃってます!つまんないの‼︎ ルパンとか好きな割に、、無い物ねだりのようですw )
ですので、普段は、好きにしたらいいだろうと思います!ただし、「勝負服!」のシーンだったりする時は、このことを若干考慮するとよいかもですね。その方が、(自分はピンと来なくても)相手や周囲の人からのウケはいいはずなのね♡


例えば、実は息子の一人の方は、「トラッドや良家の子女風ファッションが似合う」という星座に該当していて、実際、彼がそういうのを着た時は、親の欲目を外しても当たっていると思われるのですが、普段は見ていると、今風、若者風の少しアヴァンギャルドなファッションばかり着ていますw
もちろん、見過ごしてますよ!逆ならまだしも、こういう件の母親の口出しはマイナスだし、根拠を言えばもっとアウトだからww
若さで人並みには着こなしているみたいだし、(男子だし!)、別にそれでも構わないしね!彼が中年にでもなって自分でも何か自覚してきた頃、もし私が生きていれば(!)、言ってみてもいいかなと思ってますw
その頃なら、きっと納得してくれる点もあるでしょう!

現に私の場合、この方法を知ったのはごく最近だったので、長いこと思うままにやってきたし、それでどうということはなかったハズなのですが、今にしてこれを検証として当てはめると、大いに心当たりがあるわけですw
だから、今日はちょっとオススメしています!
まあ、遠回りしないようにというお節介ですねww


今日は、これを読まれた方のうち、ファション難民の方がいらしたら、目安に取り入れてみてもいいかもしれません。その他の方は、ちょっと小耳に挟んでおいて、それなりのお歳になった時、少し実感してみてくださいね♡

色とりどりの警告カード騒動!、、サッカーの審判   

今日のブログは軽く行きま〜す!


今月初めに流れてきた‘X’で、サッカーのブルーカードを掲げる審判の写真を初めて見た時、日本人なら、赤黄と来れば信号色の青はGO! だから、「今のはセーフ」っていう優しいカードなのかな?と思ったw
(なら、何もカード出さなくてもいいか!)
甘い私より、世界はもう少し先に進んでいたww

この3色の中では、ブルーは安心安全な色というイメージしかなかったが、実際はよく読むと、「10分退場(選手のみ適用)」という。ベンチへGO!なのですねw
審判にとっての不当な「抗議」の時とかに出すそう。


2枚目イエロー→レッドで退場になるよりか、、という軽減措置なのかもだが、少しネタっぽくなってきたーww
(私の受け取り方だが、ちょっと面白がってる!)
ゆりやんの「(審判団)調子乗っちゃって」の映像が頭に浮かぶ。


人生経験上、こういう迷走段階はがぶり四つに組まないのが身のためな気がするので、私の反応はこんなだが、もし実施となれば、多少、対策は立てないと ですね。
重要場面でこんなん出されて、涙を飲むことは避けないと!
両チームに言えることとはいえ、アーセナルって狙われてる感あるからなあw 別に被害妄想のつもりは無いよ。
目の敵にされるほどに強くなった という証かもしないしね。(前向き!)


で、とうとう虹の7色まで行って、混乱する世界線はあるのかな!?

どうも、茶化してすみませんでしたっW

後日談)
やんやの反対の声により、後日の判断によると時期モロモロは延期とのこと。
にしても、色々考えつくものですねえ。
さてさて、実現するのか?? 
何色まで行きますかね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ 今日のテーマとは別に、、
私のブログはテーマが多岐にわたることは自覚していますがw、もしも、そう興味のない分野をお読みいただいた時でも、どこかの一文がササルところがあれば幸いですし、一般論に落とし込めないかなあと、割とそこは意識して書いています。(初期のルパン関連のものでさえ、そうですww)
こんなことは言ってしまえば野暮なのですが、あなたの人生に、何かお役に立てれば嬉しいのです♡

計6点のゴールショー! ウェストハムvsアーセナル戦

試合開始後、数10分は、パッとしない展開に少し気を揉んだ!
だが、「ホワイトを中へ」というアルテタ采配が当たり、スムーズに動き出した。

32分、サリバが先制点を決め、そこから前半さらに3点というゴールショーが始まる!
サカのPKで追加点。ライスがまたも上質ボールアシストで、ガブリエウがさらにセットプレーで得点を畳み掛ける。ドバイキャンプ帰還以降、確実に有効な得点の形として定着しつつあるように思え、嬉しいことだ。
これが常態化すれば、手数の一つとしては手っ取り早くていい!展開に弾みがつくし、その後が好循環となるからね♡
前半AT7分の内、4点目。トロサールは、出ればせっせと点を取る!ウーデゴールからのキラーパスを受け、少しかわしてからゴール。
試合中、彼は、ボールを収めるのが上手い、フェイントをかけて抜いて行く、小回りが効いて引っ掻き回す などとポテンシャルが高くて、今日も感心してた。相手にしたら、うるさいよねw


結局、前半に4点決められたハムのサポーター達は、スタジアムを後にし始めた。スタジアムの外の橋を渡って帰る人々の光景が画面に映された。こんな露骨な映像流れるの、初めて見た、、向こうのジャーナリズムってパンチ効いてる!?
ちなみに、ウェストハムにウェストとあるので、スタジアムは、勝手にロンドンの西側にあるのかなと思っていたら、ロンドン東部だった。ウェストハムは地区の名前であり、ロンドンからの方角とは関係ないらしい‼︎


さて後半は、5点目にサカのゴラッソ、6点目はライスの見事なミドルシュートとバラエティーに富む!
ライスのゴールは古巣への(成長の証)恩返しとでも言おうか。
ハムサポからの拍手、ありがとう♡

また、この試合では、ハムのGKアレオラによるナイスセーブが何度もあった。裏を返せば、今日はアーセナルがよほど快調だったということだね。
ラヤもクリーンシート、良き良き♡


アーセナルは得点を重ねるにつれ、慎重に選手交代を進めた。
結果的には、エルネニー、エンケティア、ネルソン、セドリック、ヌワネリを投入。チームにとって、いつもありがたい存在の年長者エルネニーと、2007年生まれの若いヌワネリ君。特にこの2人には、得点も期待しちゃったわw
またの機会にヨロシク!


今日は、サカのPK2点目から先は落ち着いて観戦できた展開となった。
だが、PL上位チームはどこも隙がないので、これにはアーセナルもぜひ肩を並べて行きたいね!
そして気づけば、頭ひとつ上にいた という未来が理想だ!♡!