ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

サマンサの家、、TVドラマ「奥さまは魔女」


ルパン三世」で、海外でアジトになっている家はシャレたものが多いけど、私には、あんな家に住んでみた〜い!という夢の家がありますw
それは、昔流行ったアメリカのTVドラマ「奥さまは魔女」のサマンサの住む家です。
もうあれ以上でも以下でもありません!
このドラマは好き過ぎて、多分全話見ています♡
でも〜?


サマンサの家の2階の部屋は、スタジオセットで別撮りしていると知った時、少しガッカリでした。夢の家もまた夢を見ていた訳ですネ!
あの家は撮影用ゆえ、1階の間取りにトイレもなかったような、、。
大工さんの動画を見ていた時、よく駆け出しの大工さんに間取り図を書かせると、トイレを書くのを忘れがち というのを聞いたことがありますが、この場合は確信犯ですね!


さらに現実を重ねていくと、、
あのドラマの時代は1960〜70年代で、アメリカでさえ今では住宅事情が変わっているし、それに、日米では気温や湿度が違いすぎて、あんな区切りの無い間取りは日本には向いてない?
日本の靴を脱ぐ生活様式にはマッチしない?
などなど、次々に夢が瓦解していく!
コロナ禍、世界では、靴を脱ぐ日本式が一目置かれているということなので、尚更、私からあの家が遠のいていく〜!!


ルパンは、最後でお宝ゲットに失敗したり、お宝のあてが外れたりしても、それをまるでゲームのように捉えて、結果にはあっさり! 
むしろいつもプロセスを楽しんでいるよね。


人生の全てを夢見るだけで満足したら、ただの夢想家になってしまうけど、夢の一部は、ルパン方式を採用して、あの家に住んでいるという空想のひとときの中に幸せを見る というのも、案外悪くないのかもしれんナ。


ヒト属の知恵か? 夢は夢のままで!

「ルパン三世」に聞く、東西 鐘の音/「108つの鐘は鳴ったか」他


ルパン三世」では、いろいろな鐘が登場するが、思いつくまま、3作ほどご紹介しよう。(この他にもあるかもだが、悪しからず)


まずは、東西、催眠系を2つ

日本版では、お寺の除夜の鐘 from「108つの鐘は鳴ったか」
まずは、お寺の鐘に催眠装置を仕掛け、コレで境内のみんなを眠らせてからのルパン達のお仕事開始!
五ヱ門が本堂の屋根の上で、律儀に除夜の鐘を数える当番をしていたよw
そして、五ヱ門はルパンに108つの煩悩の解説をしたが、ルパンは、
「ほんじゃ、後はよろしく頼むぜ、ボンノウ!」
って、意に返してない風だったネww


西洋版では、教会の鐘 from「ルパンを呼ぶ悪魔の鐘の音」
やはり鐘に仕掛けられた催眠装置で、本作でやられるのはなんと、村人 & 次元と五ヱ門だ。次五は、コレで声も顔つきも腑抜けになり、見ようによってはコミカルで可愛くもある!そんな珍しい2人を見たい場合は、オススメだ。
ルパンがひとりで頑張って2人を救い出すのも見どころョ。
また、本作のヴィランの尼僧は、敵ながら魅力的な貫禄を醸す声で、気になって調べたら、(声優)谷育子さんというベテラン中のベテランだった。映画007の「M」やハリポタのマクゴナガル先生の声の人と言ったら、雰囲気がおわかりだろう。


最後は、いい鐘の音!

「次元と帽子と拳銃と」で、最後に、次元がマグナムで狙いすまし、遠くの教会の鐘を鳴らす。自分の帽子が戻り、本調子になった次元を祝福するかのような鐘の音が印象的だ。
何より、次元自らの手により祝福するっていうのが、カッコいいね♡


ちょうど今放映中のpart6 次回「祝福の鐘に響けよ、銃声」には、次元と鐘がまたまたセットで出てくるみたい。
一層ワクワクしてる!

「さそり座の女」美川憲一さん


M1グランプリ2021 のファイナルステージでのファーストバッター、“モグライダー”の芸は、「さそり座の女」の一本勝負!
否定から始まるあの歌詞はインパクト大なので、ネタになるのも無理もない。美川さん曰く、
「地獄の果てまでついて行く、、が大事なのよ」
とのことだが、さそり座の女の特徴なのだろうか?
牡羊座の私には、良くも悪くも真似できないことではありますww
ともあれ、作詞家の方には脱帽だ。
ついでに言えばこの曲は、「一途な星よ〜」のところの危うい音程が、不気味さがあってゾクゾクするね!

さそり座の女」のWikiに、「美川さん本人は牡牛座の男性」とあり、性別まで書いてあるところに吹いた!

かつては、モノマネのコロッケさんがコレを取り上げヒットし、逆に美川さんが復活した。
美川さんは、不死鳥の如く芸能界の荒波を渡っているのネ!


20年前に他界したXさんは、箏・三弦の宗家で若い時に母が知り合った友人。私のことも気に入ってくださり、そういうご縁で、私自身、お免状を頂く最終コーナーで(自分の師匠以外にも)、このXさんからも多くの教えを頂いた。特に地歌三弦は、昔から、関西や九州に大家(たいか)がいらして、その方々からも直々に教えをこうたXさんは、その貴重な教えを私に授けてくださった。大変感謝している。親子位の歳の差なので恐れ多くはあるが、なにか気脈が通じていたように感じる。


さて、そのXさんは、ご自分がなさる邦楽とは違うジャンルだが、亡くなるまで、美川憲一さんのファンクラブに入っておられた。彼女曰く、
「歌だけでなく、衣装や舞台、総合芸術としてもとても見応えがある。」
とのことで、尊敬するXさんの言なので、美川さん と聞けば思い出すことなのだ。美川さん自身、スターとしての輝きを十分に自覚されているところなんかが、諸芸に審美眼厳しいXさんからしても、マル だったんだろうと推察する。


美川憲一さんの「お黙りチャンネル」という動画で、モグライダーとあのM1のネタをコラボしているのを、息子が流しているのを偶々見かけ、一緒に見て面白かった。
美川さんは、” welcome “の気持ちで、ご自分より若手の芸人とのコラボも快く楽しむ。
そんなところが、みんなに長く愛される要素の一つなんだろうな と思った次第♡

「BITTER RAIN 」、、、「ルパン三世」part6 2クール目 ED曲


大野雄二さん作曲の今度のED曲は、Jazzy なブルースというテイストで、1クール目「MILK TEA」の軽く甘い雰囲気とはまた変えてきたネ。
なんせ今度は、“ビター”だもんね。


歌うのは、歌手の藤原さくらさん。
ダイハツ・ムーヴキャンバス のCM挿入歌「君は天然色」、、大瀧詠一さんの懐かしい曲のサビ部分を、サラリとさり気なく歌っていて、耳心地よく残っていた声だが、その人だ。

「BITTER RAIN (ビターレイン)」は曲調が渋いから、もう少し年上の女性を想像していたが、藤原さんを画像検索したら驚いた!
若くても、どんな曲調もこなす実力派なのね。
ギターの弾き語りの動画もあったョ。
そういう実力が、2クール目のエンディング曲に抜擢されたんだね。

1クール目のアカリ・ドリチュラーさんもそうだけど、いつも、いいところ引いていくるよね♡
ルパン三世」のスタッフさんって、センスいいね。
それに、お2人共、透明感のあるきれいなお嬢さん というところも共通点なのだ。
いいね!(なんかオッサン目線になってるw)


さて、「ルパン三世」part6、2クールは、「女」が多く絡んでくるという。
そう、ブルース & 女 は、「ルパン三世」の要素の一つだよネ!

年が明けても、週末に、新しい「ルパン三世」を見れる楽しみが、なお続く、、、♡

ナイト(knight )入門! from「三銃士」


アーサー王物語」を読んだ勢いで、このところナイトづき、家の本棚から今度は「三銃士」を取りあげた!
いずれも青少年向けの文庫の厚みなんだが、今の私にはその位がちょうどいいw


その立て続けの読書で、西欧のナイト(騎士)たるもの、どういうものか?ということが少しわかってきたので、右から左にという感じではあるが、早速皆さんにもお伝えしようと思った。西欧の人なら、何かしら見聞きして育っただろう「ナイト(騎士)」について、知っておいても損は無いと思うので。(こちらも知りたての付け焼き刃の知識ゆえ、浅いものだが、知らんよりよかろうて!)


まず、ナイトが忠誠を誓うのは、1人の君主と心ときめかせた1人の貴婦人のみ!
日本にも「忠臣は二君にまみえず」なんて言い方があるが、後者の方はどうかしら??
愛する貴婦人からは、愛の証として白いレースのハンカチを投げられるそうよ。(木綿のハンカチーフではないのね!)
こういうこと知っておくと、貴方の身の周りでこういう何かの暗喩に遭遇した時、野暮でなくて済むよね!
役に立てるとうれしいワ♡

それから、騎士道では決闘は一対一だ。チームプレーのサッカーも、突破の時は個の戦い というのに通じるよネ!

そして、ナイトの精神とは、若きダルタニアンを加えた四銃士の誓いの言葉、
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」
に的確にあらわれていて、これは「ルパン三世」や「ハリポタ」において、仲間にあってヴィランには無い大切なもの、、「友情」に通じていると思う。


実は「三銃士」を読むにあたり、「アーサー王物語」の時の味を占めて、huluで海外版の映画(2011年制作)を視聴。前回同様、原作をアレンジしているが、それもまた面白く、今回は何のモヤも無かった!


驚いたのは、登場人物たちが、我が愛する「ルパン三世」を強く想わせるものだったこと。
美女ミレディは、その魅力と高い能力などがかなり不二子と似ている。ミレディの方がかなり冷酷だとは思うけどw
そして、三銃士はそれぞれル次五を彷彿とさせるのだが、「ここはそっくり、ここはちょっと違うかな?ここは入り繰りがあるナ」などと思い浮かべては読み進め、楽しさが 2倍になった。
ルパン三世」好きには、興味深く読める、視れる作品なのではないかと強く思う。映画の方は不二子が、読書の方ではル次五が、重ね合わせ易いと思うよ。


戻ると、ナイト(騎士)について知りたい時は、辞書で定義を引くよりは、この手の小説を少し頑張って読んでみると、なにかが掴めると思うのよね。
特に、この「三銃士」は読後感がスッキリだ♡
この入門編で興味を惹かれた方は、映画か本か、どちらかトライしてみては?

名剣エクスカリバー   from「アーサー王物語」


十数年前、サッカーのTVアニメ「イナズマイレブン」を子供達と毎週楽しみに見ていたが、その時、色々な技の名前が面白かったのが印象深い。「皇帝ペンギン3号」とか「ストライクサンバ」「カテナチオカウンター」とか。
そのうちの一つに「エクスカリバー」というのがあって、このアニメがきっかけで、それが「アーサー王物語」に出てくる名剣だと知った。


当時、子供に買ったその本を、最近、私自身が読み始めていた。
中身は、似たような(カタカナの)人名が多く、また、結構エグい戦闘シーンも多くて、読み進めるのにかなり難航していたところ、先月タイミングよく、「トゥルーナイト」という「アーサー王物語」をベースにした映画のTV放映予告をたまたま目にしたので、見てみた。
その映画は、主演キャストが、ショーン・コネリーリチャード・ギア、2大俳優という豪華反則技だ!


ただし、、、この映画ではラストが原作と異なる部分がある為か、「エクスカリバー」の文言は出てこなかった。それに、壮大な英雄譚を短くするには多少無理があったか、あらすじやラストの描き方に、
「アレじゃー、アーサー王が可哀想過ぎる」
と、モヤっとなる人が結構多いようだった。

また、私はこれを見終わってから、
はて、タイトル「トゥルーナイト」のナイトっ何だったんだ? 
となって、漠然とnight だと思っていたから個人的なモヤまで抱えてしまう!
そうか、knight だ!!
とんだナイト違いと気づき、一人お笑いでもしているようだったw


でも、この映画のおかげで、「円卓の騎士」で有名な円卓とか、その時代の騎士の装い、戦闘のリアリティーなどがわかり、百聞は一見に如かず! 読書を前に進めるのには、よく役に立ったよ。

あ、そうそう、私は、ネタバレは平気な方で、むしろ、この映画を見ながらでさえも、結末を傍らでググったりしていたくらいだ。ある番組で聞いたが、今の若い子(特に女子)にもこの傾向は強いらしいネ。(同じだ、ヤッタ!)
彼女たちが言うには、
「いろいろやりたいことが多くてそればかり何度も見てられないから、見どころを予め知っておくと手っ取り早くていい」
とのことだった。
私の場合も、その方が、その時々の役者の表情とかを深く読み取れて面白く感じる。筋を推理するより心理描写とかの方に、より興味があるのでね。
皆さんはどちら派でしょう?


ルパン三世」では、五ヱ門と斬鉄剣は切っても切れない仲のように、「アーサー王物語」では、魔術師マーリンによる引き合わせもあって、アーサー王エクスカリバーの不思議な出会いから最期まで、両者の縁はとても深い。
物語の中で、アーサー王の振るうエクスカリバーの威力は、怖いくらいに凄まじかった!

名剣は人を選ぶようだね。

マツケンさん 慎吾さん 他 年末年始TV番組より、、


このブログでは、折りに触れて「マツケンサンバⅡ」推しをしていたので、各CM、年末のMステや紅白などでの松平健さんのご活躍を讃えて、今年のブログをスタートさせようと思う。


Mステは、豪華フルバージョンでド派手に演出してくれて、マツケンサンバらしさに徹し、心躍ったネ♡
紅白の方は、オリパラ開会式の「幻の夢」を実現するという独自色を打ち出したようだな。

何より、マツケンさんが、各局の演出家の色々な要望(スケボーまで!)に応えて、皆んなに感動を届けてくれて、ありがとう&おつかれ様でした♡
今年もどうぞお身体に気をつけて、ますますご活躍くださいネ。


ドラマ「倫敦ノ山本五十六」で、香取慎吾さん演じる山本五十六と、片岡愛之助さん演じる五十六の友人は、共にずっと苦悩の連続だった。
太平洋戦争への流れは陸軍のイケイケによるものだったと聞かされていたが、このドラマを見て、海軍の上層部も十分イケイケだったことがわかり、認識を新たにした。さらに言えば、世の中の風もまた、そうだったのだろう。どこか一つに原因が絞れるようなものではないのだ。
ロンドンでの、あの分水嶺のような出来事は知らなかったなあ。五十六達は、その狭間で、如何に日本が有利な立場を縫っていくかに苦心したんだね、、。
ドラマの静かな緊迫感に思わず引き込まれて、見入った。

主演の香取さんはその難しい役どころをみごとに好演、今後も楽しみな役者さんに成長されていると思った。


片岡愛之助さん繋がりでの藤原紀香さんは、元日の「格付けチェック」で華やかな存在感を放っていたネ。彼女独特のナルシシズムは、(それが苦手という人もいるかもだが)、長じてむしろ滅私奉公に通じるようにも感じ、まさにテレビ界の申し子だと思う。関西ご出身なこともあるのか明るくコミカルでもあり、いつも機嫌が良くて、the芸能人 という感じだなぁ。

番組は、最終コーナーでの怒涛の展開からの、三者三様の結果は「格付けチェック」の真骨頂だった!
司会の浜ちゃんのお陰もあって、毎年、楽しみに初笑いをさせてもらっている。


「格付けチェック」の大笑い、、とまではいかないが、読んでホッと笑顔になれるブログを目指して、今年も書いていこうと思っています。
どうぞよろしくお願いします♡