ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

おさんぽしましょ from「もう一度 君の歌声」

耳心地のいいこの歌を聞きたさに、この作品を見ることがある。
可愛くて優しいこの曲も、大野雄二さんのオリジナル。さ〜すが!

ノラとマーティン、2人の思い出のシーンはセピア色味がかった映像、2人の思い出を尊重するかのように、細部に繊細な心遣いが見え隠れするステキな演出だ。

じゃじゃ馬ノラの運転したじゃじゃ馬クルマ!
ルパンが計画通りにことを進めようとした時、この車が意思を持ち始めた。車に、ノラの魂が移った瞬間だ。じゃじゃ馬達の最期のドライブは、あの思い出の湖畔へ行きたかったのだ。マーティンとの思い出を乗せて。
ルパンには、その心が読めたから、じゃじゃ馬ノラに代わってじゃじゃ馬クルマの行きたい所へ向かってあげる。そして、ルパンは「おさんぽしましょ」を口ずさむ。トランシーバーで聴いていたマーティンが、歌を重ねていく。ノラも、心の声を載せ、3重唱に、、。ルパンは心得ていて、そのうち歌を控え、湖畔に到着した時は、ノラとマーティンのデュエットになる。

ルパンは、何かの意気に通じると、時に計画を変更することはよくある。
たとえ、不二子との約束を破ってでも!

この回では、ルパンは、盗む代わりに愛を届けた。


ステキな歌と映像、ルパンの優しい粋な計らいが心打つ作品だ。