ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

ベルサイユのばら   from「ベルサイユは愛に燃えた」


当時、互いに異なる中学に通っていたある友人と、「ベルばら」話で盛り上がっていた。彼女は宝塚歌劇のチケット入手の都合がつくということで、「ベルばら東京公演」を一緒に観劇することに。当日は、折しも、交通機関の首都圏スト突入の日。当時は、交通ストライキがしょっちゅうあった時代でした。東急大井町線(当時は田園都市線)沿線に住む友人の自宅まで、まず行く約束だったが、ストで電車が動かないので、車好きの叔父に自宅友人宅間の往復を頼み、その日は周りの大人たち総動員の協力を得、晴れて観劇できたのでした!ありがたいことです。それだけに印象深い。

当時は空前のベルばらブームで、私は、オスカルというより、黒髪のアンドレのファンでした(ルパンの作品では、茶髪でした)。
フランス革命を背景に、2人の純愛に憧れました。お年頃ですネ!


ルパン三世の「ベルサイユは愛に燃えた」は、世相をバックにルパンとコラボしたような作品です。男装の麗人オスカルに、何故か心が揺らぐルパン。さすがルパンのセンサーは、女性のフェロモンを感知しちゃうんですね!
次元や五ヱ門は、ルパンのその能力にはイマイチ届かない。なんか納得、、。
作品では最後、オスカルはアンドレと愛が煌めく石像になっていきました。
「ベルばら」の核心を突いていたと思います。


本作は、ベルサイユ宮殿やパリの景色、オスカル達まで、とても美しく描写されていて、色彩も綺麗、絵のスタッフの優れた力量と頑張りが伝わります。
今、思い出が甦えるのも、彼らのおかげです♡