ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

「ワルサーP38」

銃について語るのか、テレスペのこの作品を語るのか、もう同じことだろう。


ルパン三世のテーマ‘97」を聞くと、「ワルサーP38」のオープニングの緊張感を思い浮かべてしまう。開始早々、ルパンが終始本気モードで敵とやりあっていくのだ。テーマ曲の他のバージョンは、心が開いていくようなイメージがあるのに、「’97」の007調のイントロは、下降音符を多用しているようで、重力で気持ちが下方へ引っ張られ、心がシリアスになっていく、、。この緊迫感は、この作品のトーンを暗示しているようだ。風を切る効果音は、オープニングのボマー(この時はルパンを狙っている)が、軽やかにジャンプして空から攻撃するシーンが目に浮かぶ。


シャバに出てもやっていけるか? とボマーが不安を吐いた時、いやな予感がした。案の定、脱出あと一歩というところで、ボマーが殺られる。「ボマーー」 次元の叫声が耳に残る。 ボマーは戻らない、、。


エレンがマスクを外し、空気と自由を一瞬だけ手に入れて深く息が吸えた時、彼女の人生を思うと、切なかった。私は作中ずっと、息が苦しかったよ。私のペンネーム、エレンは、彼女から戴いた。普通の生活がしたかったはずのエレン。よかったら一緒にこの世を、ルパンワールドを楽しもうね。


敵は「愛」を否定していたが、五ヱ門は、次元がくれた梅干しの色を決め手に信じて、青ではなく赤のコードを選び、切って助かった。
「愛」が勝ったのだ。やったね!


エレンを、銭形を撃ったシルバーのワルサーは、ルパンにはもう要らない。でも、ルパンは、敵の手に渡っていたそれを、もう一度取り戻さなければならなかった。それを、自分の手で棄てなければいけなかったんだ。


ルパンが手に入れたものは、過去へのケリと、「愛」の勝利だっただろう。