ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

世界の車窓から/アルプスのきょうだい(岩波子どもの本)


正味2分間のお馴染みの(テレ朝、月火夜)長寿番組「世界の車窓から」は、
ここのところ、「夏のスイス〜アルプスの絶景の出会う旅〜」と題して、美しい風景や山村の様子など、映しています。
番組の提供が富士通と言えば、地元川崎フロンターレのオフィシャルスポンサーでもあります♡
最近、ワールドカップで生活がことに夜型になっていたせいか、この番組を見かけ、「今、アルプス特集なんだ、いいね!」ということで、録画してますw
このスイス編は12/19迄だそうなので、ご存じなかった方へ、どうでしょう?もっと早くここに書くことを思いつけばよかったですね、sorry!
なんせ、今、W杯が佳境なもので、、言い訳! 
(いよいよ4強に絞られたサッカーの話題は、また後日語る予定)
今の私にとって、フットボールで沸騰気味な頭を清浄化するには、もってこいの番組となっているのですw


小学生の頃、「アルプスのきょうだい」という絵本を読んだことがあります。この絵本では、姉フルリーナと弟ウルスリきょうだいの一家のアルプスの生活が、独特の美しいオシャレな絵を通して描かれています。一家の放牧の生業から、季節ごとに山の家や麓の家に移動する などの自分と全く違う生活様式や風物が、物語とともに子供心にとても印象深く焼きついたのでした♡
この本は、今でもなんとか入手できるようなので、特に小さなお子さんにどうでしょう?手元に置いても、きっと後悔はないと思いますョ。


番組で、グリンデルワルトの麓の村の風景が映った時に、昔読んだこの本と結びついたのでした。
ユングフラウ鉄道に乗って旅するこのコースは、観光客にも人気だそうですね。あんなに美しい大自然を前にすれば、映像に映るツアー客のどの人も、いい笑顔なのが印象的でした。
少し世界が落ち着いたら、いずれ一度は訪れてみたい、アルプス界隈です♡