ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

畠山重忠、、中川大志さん from 「鎌倉殿の13人」

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見進めるうちに、どんどんとその魅力に気付かされていった役者さんが、畠山重忠を演じる中川大志さんだった。とは言え私は、この大河で初めてまともに知ったと言っていい「中川大志新参者」ではあるw
なので、コメントするにはおこがましいかなと迷っていたが、いいものはいい!賞賛する人は何人いてもいいではないかと思って、綴ることにした。


中川さんは芸歴がそれなりに長いようだが、若干24才という若さで、既にある種の風格や品格を備えていて、日本にこんな有望な若手が育っていることが嬉しい♡

中川さんご本人が語る畠山重忠に対するコメントを、ほぼ静止画像のもので、たまたまイヤホンで聞いた時、直接耳に響く彼の声の綺麗さ、素直さ、発声の間(ま)の感じ良さなどが、返って際立って聞こえた。彼の良さは「見栄え」だけではないんだなあと感じたものだ!経歴を見たら、美術館の音声解説も担当したことがあるようで、さもありなんだった。


さて、注目の最期のシーン。NHKも脚本の三谷さんもスタッフさんも、あの力の入りようで、中川さんや畠山重忠に対する思い入れの深さ、期待値の高さがわかったネ。かくなる上は見事に散らせてあげたいと。もちろん同感だ!

戦闘シーンに続く義時との一騎打ちの殴り合いの後、戦い終え、馬上の畠山の表情を見て、思い出すことがあった。
激烈なサッカーの試合の直後、語る時の、キーパーの川島さん始め、他選手達の「大きく開いた目」。また、身近な思い出なのだが、理系の息子が大学受験期、模試などで数学を終えて出て来た時の目。この時本人は、「さすがにアドレナリンが出た!」と言っていた。
戦い終えてまだ戻らないこの種の目を、個人的に何度か見たことがあったので、今回、中川さんの目にそれを見つけて、「あっ、アドレナリンが出てる!高揚してる!!」と、一層熱量が伝わってジンときたのだった。


中川大志さんご自身、畠山重忠という人物に魅せられているようで、彼は、「畠山重忠から、途中何度も背中を押されたような気がした」のようなコメントをされており、こういうのを聞くのは、なぜかうれしいw
ご本人に似合ったいい役に巡り合われて、よかったなあと思う。

体当たりで若いエネルギーを爆発させ、魅力ある漢を魅力的に演じられた中川大志さん。
楽しみな役者さんだ♡