ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

ビリー・ジョエル「素顔のままで」/小曽根真さん ローズ・ピアノ「CLASSIC TV」


青春期からずっと共にあった曲。
曲も歌詞もビリー・ジョエルの声も、全部いいですね!


イントロ部分の楽器の不思議なサウンドは、TV番組「CLASSIC TV」で、ローズ・ピアノという楽器が奏でるものとわかった。この番組は気に入っていて、欠かさず見るものの一つだが、クラシックだけにとどまらず、音楽のジャンルをまたいで色々と紹介してくれるところもありがたい。

この回では、日本JAZZ界の巨匠!小曽根真さんがゲスト。
〜小曽根さんって、きっと、人間が大好き、音楽が大好きな方なのだろう〜 と、私はいつも感じていて、だからと言おうか、奏でる音が人を魅了する、、そんなステキなピアニストだ。


「素顔のままで」冒頭のこの音はシンセサイザーだと思っていたが、番組によると、むしろ、シンセがわざわざローズ・ピアノの音を取り込んでいるということだった。むしろ逆の順序だった!

異次元に誘う、ローズ・ピアノの独特の音色に、人々はずっと魅せられてきたんだね♡


大ヒット曲「素顔のままで」は、ビリー・ジョエルはある女性に恋して、その想いから生まれたそうだから、その女(ひと)は、ミューズだったわけですね。絵画や音楽の着想に「想う女性」が関わるのはよく聞く話だが、その女性はようこそ存在してくださいました、、と思いますね、人類の為に!

ビリーの場合、後にそのミューズとは泥沼の離婚劇と聞くので、いわば、体を張ってステキな曲を世に残してくれたわけで、頭が下がります。
天才のサガでしょうか、、。


また、名曲「星に願いを」(jazzバージョン)を、ビリー・ジョエルが歌っているのがあるのですが、色々なヴォーカルがカヴァーする中でも秀逸だと思っています。
動画で見れます。オススメです。
彼にかかったら、いとも簡単にさりげなく、さらっとこんなに味わい深く歌えちゃうんですよね。
きっと、ピュアな彼の心がこの曲にも乗っているのでしょう♡