ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

ルパンファミリー ジャズセッション

ルパンファミリーに銭形を加えた、ジャズセッションを妄想します!
以前、このアイディアのさわりを他のサイトに投稿したことがありますが、ここでは詳しく掘り下げます。
昔、音楽家團伊玖磨さんが、楽隊の楽器のパート決めの際、「その人の顔形姿で、合う楽器がある」のようなことをおっしゃっていて、なるほどと思ったものですが、その考えに則って、ルパン達から連想される楽器を、一人一人当てはめていきたいと思います。


五ヱ門........ピアノ
次元...........ベース
銭形...........ドラム
不二子........ヴォーカル
ルパン........トランペット or サックス


で、いかがでしょう?
管楽器は官能的、ピアノは理性的という説があり、ルパンと五ヱ門はその線で当てはめました。

ルパンは、やはり特に華があって押しが強いから、メロディーソロのパートが似合っています。場に花が咲きます。気持ちよく楽しげに高らかに吹き、特に音がせり上がっていくところは、すごい攻めです!

五ヱ門の綺麗な指で奏でるピアノは、クールで清らかな響き。時に目配りをする真摯な眼光にはゾクっとします。そして、背中で弾き語ります。

次元は、後方で全体を気遣いながら黙々と低音を奏で、独特の世界観を漂わせます。ベースを抱く立ち姿だけでセクシーです!

銭形は、獅子(四肢)奮迅、力強くリズムを刻み、さすがの安定感です。ドラムソロになったら独壇場となってやんちゃに暴れ出し、ルパン達は「参ったな」とニヤつきます。

不二子は、作品中ではピアノがお得意ですが、敢えてヴォーカルになってもらいました。さすがの身体能力は歌にも通じ、絶妙なタイミングでの音への息の乗せ方を聞けば、ルパンが惚れちゃうわけがわかるでしょう。実際、オーディエンスも軽く操られ、自ら殺られていく人が続出しました!


ああ、こんな夢のセッションがあるでしょうか!
でも、本当のところ、次元にテナーサックスをソロで吹いてもらいたいです!!