ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

名将チラベルト

ちょっと古くて申し訳ないけれど、私は、サッカーW杯98年大会で活躍したパラグアイ代表チラベルトのファンだった。基本的にキーパー好きというのがあるのだが。彼は当時20代だったのに、私にはだいぶオッサンに見えました!ただ、インタビューの時の彼を見たら、いつもの強面ではなく、にこやかで案外シャイでもあり、とても歳相応だったので、そのギャップに驚いた記憶があります。それから一層応援しましたよ。彼は、ピッチでは主将として、守備型のパラグアイをキーパーの位置から鼓舞し、時にはPKを蹴ったり(チームの中で一番正確だったらしい)、中央まで出てきて攻撃参加したりしてスタンドを沸かせ、縦横無尽に統率していました。ゴールを守る形相はたくましく、鉄壁チラベルトと呼ばれていました。大会開催国であり優勝国にもなった対フランス戦で、パラグアイは敗れ去っていきました。主将チラベルトは、己は泣かず、泣き崩れる選手たちに手を差し伸べて、抱き起こしていく姿が印象的で、最後までまさしく名将でした。


当時からすると各ポジションの技術が上がり、伴って戦術にもトレンドがあるようだが、熱いスピリットは、昔も今も変わりません!
だいぶ貫禄をおつけになった今の彼、、?
す、好きですよ、やっぱり!!

全盛期のチラベルトは、銭形にちょっと次元を混ぜてどうにかしたような魅力がありました♡


フランス優勝後の夜のパリ、仏監督エメ・ジャケ氏の名前を、同じ響きのまま “Aimez Jacque”(ジャケ監督を讃えよ!)という文字に変換し、それを電光盤でキラキラと輝かせ、街は歓喜に沸いていました。
時代は巡り、当時主将だったデシャンが監督として率いるフランス代表が再び優勝したのは、お見事でした。