ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

かてぃん -- トムとジェリー -- 銭形とルパン       from クラシックTV

ルパン三世」の原作者、モンキー・パンチ先生は、アメリカのアニメ「トムとジェリー」から、銭形とルパンの着想を得たという。

トムとジェリー」には、1話丸々、「ハンガリー狂詩曲」のみが流れ、ピアニスト、トムにジェリーが絡むという異色の名作がある。


クラシックTVという音楽番組を見た時、ピアニスト、かてぃん(角野隼斗)さん(以下、敬称略)が、お気に入りのショパンの音楽について語る、まずは言葉での表現が、あまりに知的、的確かつ繊細だったので、彼にただならぬモノを感じ、YouTubeで彼の色々なジャンルの音楽を視聴したら、そこは「才能の宝庫」だった。

かてぃんの演奏による「ハンガリー狂詩曲第2番」動画は、彼の美しいピアノに、前出のトムジェリの映像が効果的に差し込まれる見事な構成。工学部出身のかてぃんは、音楽だけでなく、動画作成なんかも得意らしい。
最後に、トムジェリで有名なあの「The End」の画面を持ってくるチャーミングさ!どれだけ色々な才能に溢れているのだろう。

彼の他の動画にはトムとジェリーのメドレーがあった。
ご自身、きっとトムジェリに共感するものがあるんだね。
かてぃんの端正なルックスは、ルパンファミリーでは五ヱ門だが、中身には、しっかりトムジェリが、、つまり銭形とルパンも見え隠れしている!
passion , intelligence , charm 、good sense …etc , etc
あらゆる可能性を秘めているネ。


他にも、”WE WILL ROCK YOU” “Heal The World” から “ラフマニノフ2番” まで! 
かてぃんの動画には、力強く美しく澄み渡る音楽がいっぱいある。
一瞬、私は、ミシェル・ペトルチアーニの音も想起した。
世阿弥の「時分の花」でいうところの「パワフルな青年期の花」が、今のかてぃんを一層際立たせていると思う。


前出の音楽番組では、若手の頼もしいアーティスト達が続々と育っていることを知った。
コロナ禍で心も折れそうな時節だが、少し目を転じてみれば、この国の明日も明るい! 楽しみだ。