ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

プロセスが大事、、、by 駿台 カリスマ

「君たちは、大事なのは動機ですか、結果ですか、、?
大事なのはプロセスだと思う。
(間) この先、このことをよく覚えておいてください。」 

元、駿台世界史カリスマ講師、大岡師のお言葉。

この禅問答のような命題は、以後、私の心にずっと引っかかり続けている。
右手で頬をつき、左手でマイクをガッと回り込んで握り締め、食べちゃう位に口元につけて講義する、独特な雰囲気の先生だった。


ある時授業で、論述の良い解答例として、
「この答えを書いた人は、何か賞品をあげますので、後で教員室に来てください。」
と言われ、自分だったので、緊張と喜びで教員室を訪ねた。すると、若干慌てたように机の周りを探し始め、おもむろに、これどうぞ と先生の予備の、袋入りの「指サック」をくれた。
神妙に
「ありがとうございます。」
と受け取ったものの、さて、これどうしよう?まに受けてノコノコ来てよかったのかな?「優秀軍団」の生徒でもなかった私が名乗り出てもよかったのかな? など、デコボコな気持ちが錯綜した。
思うに、双方、浮世離れした者同士、なんかちぐはぐな空気が漂った、、!


受験も終わって数年後、神田の古書店で先生と遭遇。当時の授業のお礼と現況を述べたら、ただ一言「そうですか。」と微笑まれた。
先生と対峙すると、いつも雲を掴むような感じになるのよね。

先生は世界史一筋、なんか孤高な感じが次元チックでもありました!


今、これらの思い出が丸ごと懐かしく、これらがまさに、自分にとっての「プロセス」だったような気がする。
私は、末席で師の薫陶を受けた一人だ!
それはもちろん「お宝」だ。