ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

八芳園 お庭散策

来日中の米国バイデン大統領を、岸田首相が八芳園で接待するという報道を見て、今年2/13にupした記事を、再度載せることにしました。
ここは、日本の美を味わって頂くには、とてもよろしい所かと、、♡

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1月中旬のある昼下がり、都内港区の八芳園へ。
まずは、園内のカフェでお茶しながら、入り口でいただいたお庭の案内書を眺めて予習!その時、スタッフの女性が親切にも声をかけてくれたので、沢山の緑に触れたくてここのお庭をめざして来た旨告げると、喜んで見どころを教えてくれた。

中心に池のある回遊式庭園で、そのほとりの「水亭」は特にお薦めとのこと。実際、早速歩いてみたら、ホントに素敵でした。池の中に張り出して造ってある感じで、珍しくも足元には大きな石が幾つも敷かれている。
そこで暫く、池や景色を堪能した。


庭園には、石塔や幾つもの石灯籠もある。中でも「十三層塔」は、そこの解説プレートに、「〜剣客、荒木又右衛門の出身地、伊賀の上野にあったもの〜」とある。こういうの目にすると、私の場合、もちろん?!五ヱ門を想うw
この高い石塔の下段には、梵字が刻まれていた。


また、ここは「盆栽」でも有名らしく、樹齢は自分の歳を基準に〜なんて見ていったらとんでもなく、遥か樹齢525年の五葉松とか真柏とかも並んでいる。これだけの量の立派な盆栽を一気に鑑賞するのは初めてで、見事なものだ。なんか敬虔な気持ちになったね。中に、梅の鉢もあったが、もう蕾がふっくらし始めていて、小さな感動を覚えた。


この日は薄曇りの肌寒い日だったからだろう、お庭は贅沢にもほとんど貸切り状態で、返って静かに満喫できた。

錦鯉と言えば、最近ではM1優勝コンビを思い出すがw、ここでは、本当の池の鯉のこと!
色とりどりの錦鯉達も、真冬は寒いんだね、小さな滝の近くの石橋の下に、群れてじっとしていた。
肩寄せ合って、、という表現は変だが、そんな感じに見えたよw


緑に親しむ、、という目的で訪れたお庭だったが、お茶室などの日本建築や木々が美しく配置されてup downがあり趣たっぷり、思わず、日本の美を愛でられるひとときとなった♡