ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

第一子の「無邪気発言率」


「無邪気」は、邪気が無いってことだから、普通はいい意味だよね。大人になってもこの心持ちは大切だ。

でも〜
「無邪気な発言」となると、少し話が違ってくる。
場合によっては、周囲がグサっとくることがあるのだ!
実際、「何でも正直に言えばいいってもんじゃ無い」とか「嘘も方便」なんていう言葉もあるほどで、、。


さて、あくまで個人的経験のみだが、このテの発言をしてしまう人って、第一子に多いような気がする。何故って、私の近い身内は、第一子率が高くて、よく、私が軽〜くグサグサ来てるからだww
それとか、側でハラハラする時もあったり!


私自身は第二子だ。私とて、これまで失言が無かったわけではないが、頻度はそんなに高くないし、私が周囲で遭遇するような類のものは、自分は言ったこと無いなー。
ちゃんと言う前に気づくもん! 
逆に、もし言うのなら、それはもう確信犯の時だもん!

(それにもちろん世の中には、第一子の中でも、しっかりと育てられた例外もあるよ。)

さて、「無邪気発言」がいつ頃まで許されるかとなると、やはり「無邪気」が最もよく似合う「子供」を脱する時までか?!
社会人になったら、下手すると、気をつけなきゃ舌禍事件になるよ〜w
自覚のある方は気をつけよう。
(これは、第一子でなくてもネ!)


ルパンファミリーをザッと見渡すと、それぞれ失言はあれど、この法則に最も当てはまりそうな人は、銭形だと思う!
(ルパン達が実のところ第一子かどうかは知らない)
直言と言えば、もう一人有名なのが五ヱ門だが、彼の場合は少年っぽさ由来な気がするw
(これについては、いずれ別立てで)
その点、銭形は、他の性質的にも第一子の匂いがプンプンするねww


言っとくけど、第一子には長所もたっくさんあるよ。総合的にはむしろ、より上回るくらいと思うよ、マジで。
そこんとこ、ちゃ〜んとわかっているからね♡

ただ、今日の視点では、ちょっと劣勢というだけだよ!