ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

郷ひろみさん、、林檎殺人事件 

80年代、品川の新高輪プリンス飛天の間で開かれた大学の謝恩会のこと。
開会の少し前から会場の一角が騒がしく、何かと聞けば、郷ひろみさんが、当時の婚約者(彼女は卒業生として式の出席者)と2ショットでいるという。
華やかなその周辺は人混みで近寄ることもできず、私は遠巻きにその様子を楽しんでいた。同期がもう結婚かぁ!


郷ひろみさんに関する最新の文春オンライン記事(22/5月)を読んだ。
彼は当時からずっとスターだが、私はむしろ後半のご活躍に注目している。
圧倒的スーパースターとしての特殊な人生とは思うものの、少し先をイキイキと生きる姿に、今となっては励まされ、学ぶところが大きいのだ。
彼は読書家でもあるという。常に、色々と仕入れているんだね。
彼は、自分にはストイックでも、周囲へはいつも “気がいい” 感じをさせる人だよね♡


夥しい数々のヒット曲の中でも、異彩を放っていると個人的に感じているのが、「林檎殺人事件」だ。
樹木希林さん(とってもお若い!)が、郷さんの周りをクルクル(フニフニ?!)おどけてコラボされているのも可愛らしい。


♪ アア 哀しいね 哀しいね
 〜
 アダムとイヴが林檎を食べてから
 フニフニ フニフニ 跡をたたない

 アア 哀しいね 哀しいね ♪


この曲は、メロディーも歌詞も振付も全てにユニークで、おどけて明るいテイストながら、歌い出しと終わりが「アア 哀しいね 哀しいね」となっているところに、一抹のペーソスを感じて、洒落た曲だなあ という思いをずっと抱いていた。


歌のイメージやコンセプトは、プロデューサーの久世光彦さんによるもの。
そして、彼の意向を受けて、阿久悠さんが歌詞を編み出したという。

主演のお二人はもちろん、メロディーや振付も含め関係者のみなさんの「遊び」と「深み」が冴え渡っていますよね♡