ルパン三世 & something

ルパンを語って微笑みを届けたい  他にも気ままに綴ってます♡

リュディガーを楽しむ! サッカー、ユーロ’24 ドイツ代表選手

欧州チャンピオンを決める、4年に一度のユーロ‘24が始まった。今回の開催地はドイツだ。
記憶に新しい方も多いと思うが、このところのドイツは、ワールドカップも2度連続でグーループリーグ敗退などと、優勝経験すらあるサッカー王国としては大きい大会での不振が続いていたので、このユーロにかける意気込みは強い!


先のカタールW杯で日本とドイツは同じグループE、しかも初戦の相手。日本はこれに勝ち、気炎を吐いたのは記憶に新しいところだ。
この試合で、右サイドを駆け上がる浅野とリュディガー!
リュディガーは、煽るような走り方で少し先を走ったことが、少々物議を醸したものだ。だが後半、煽られたその浅野が、GKノイアーゴールポストの間隙をつく高難度シュートを決め勝利、同試合のうちで、きっちりサッカーでお返し弾を見舞う形となった。ドイツが敗退後、逆にリュディガーは世界から煽られることに!海外では、「あの走り方でそのまま空港まで走って帰国する」という露骨な風刺(漫画)動画まで作られて、、。また、特に自国民からはしっかりお灸を据えられたw


さて、そのW杯では日本はE組首位突破というお祝いムードもあってそれどころでは無く、(日本では)そのことにあまりこだわらないのが大勢だったw
私なんかはむしろ、以後、リュディガーという人が気に留まるようになっていた!


先頃の欧州CLでも彼はレアルマドリードで出場。この人、ここにいた!
そして、この度のユーロ開幕戦では、ドイツ快勝中の試合後半、相手スコットランドに、なんとリュディガーの鋭いヘディングオウンゴールで1点献上することに!クリーンシートが破られ、ノイアーと2人共、勝っててもブスッ‼︎ この時のリュディガーの表情は、W杯時、日本に負けた時と同じ、いつか見た顔‼︎ (しかしマイブームで今、得点シーンとしてのヘディングに関心が高く、その点からは、あらまほしきゴールだったなあw)

試合は5−1とドイツ快勝でOGは大過なかったので話せるのだが(w)、こうも笑かしてくれるとやはり、リュディガー本人を少し深掘りしたくなってきた!何か憎めない愛嬌のようなものが感じられて、この人にはきっと数秘3があるに違いない!という直感が働いたのだww
ただの遊び心から、[過去、現在、未来]の3つの数秘(占術の一種!)を出してみたら、やっぱり「3」があった‼︎
3の性質を簡単に言うと、(良くも悪くも)無邪気で子供っぽいところがあるが、人気者。
「あの煽り走りは煽りではない」という意見もあるが、私見ではあれはやはり煽りで、だが、「ガキっぽく面白がりたい」という小中学生みたいな感覚に近く、きっと、特段悪気は無いものだ!だが悪ノリの危険あり‼︎
(大人げない!傷つく人もいるでしょう?などの異論は当然認めますww)


人気もあって、子供っぽさが独創性とかに良く発展すれば、ジダンロナウジーニョ、メッシ、クリロナ、ジャカ、ハーランドなんかも、そうなんだよ!
日本代表では、守田を挙げておくネ‼︎
架空だが、ルパンにもその匂いがするww

どうやら私は、サッカー周りの興味の方が強くてサッカーを見ている感じねw
当然、非難も認めます♡
これからも、リュディガーには豪快なプレーと同時にオモロさも期待しちゃって、ユーロのゆくえを追うことになるだろう‼︎