ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

ノースロンドンダービー   アーセナル vs トッテナム / 他 ダービー戦


このところ、W杯期間中の昼夜逆転生活のミニ版のような連日が続いている。

プレミアリーグの名物、ダービー戦。
まずは、アーセナル(ガナーズ) vs トッテナム(スパーズ)によるノーロンダービーから。
今回は、スパーズの本拠地ホットスパーが舞台。ガナーズ目線で言うところのアウェイ戦だ。前回のエミレーツ(ガナーズホームスタジアム)でのホーム戦では、ガナーズが勝っている。
W杯明けの今頃の試合では、特にスター級の選手が消化不良の鬱憤ばらしで暴れたり疲労が影響したり、、と心身両面でどんな化学変化が起きてしまうのか? 勝手に心配してたww


前半14分、サカによる1点目で息がつける。良し!
脱線するが、サッカー雑誌の付録についてたブカヨ・サカのポスターは、我が家に貼ってあり、楽しそうにプレーする姿を見るたびに、いつもニコニコが移ってくる♡
アーセナルの試合前、現地での選手紹介で、「ブカヨ〜〜サカ!」という呼び声が面白くて、いつもこの瞬間を楽しみにしてるんだよね〜w

前半は全体的にガナーズ押しなものの、ソンフンミンやハリーケインの、来れば鋭い一撃は、ガナーズのキーパー、ラムズデールの好セーブで救われる。
前半の内に、目下好調ウーデゴールのシュートで2点目が入り、グーナー(アーセナルファンのこと)の気持ちを落ち着かせてくれる、、ありがとう♡

後半はスパーズがだんだん攻勢になってきて、ガナーズは耐える耐える!
リシャルリソン(ブラジル)、ペリシッチ(クロアチア)と、W杯で活躍を見せたばかりの選手たちが後半次々投入される。そこまで詳しくない私は「エ〜ッ、この人もいるの〜?」と、スパーズの層の厚さにゾッとする!
キーパーのラムちゃんが、止める止める♡ なんかW杯のドイツ戦の権田を思い出すw
そんな中、ガナーズの方の冨安投入は大きな安心材料だった。


2ー0でガナーズが勝ち切った試合後、解説者の林さん(この方、すごく分かり易くて、声までも聞き易い!)によると、ガナーズの選手たちの位置どりが凄く賢い とのこと。特にウーデゴールやジャカの名が挙がってた。私も見ていて、ガナーズはとにかく連携が良くてサラサラ流れる印象を受けていたが、ガナーズの好調にはちゃんと理由(ワケ)があるんだな と納得した。

今試合は、皆よく頑張った中でも特に、ラムちゃんにMOMを上げたいなと思いました♡


さて、このところ、連日連夜マンチェスターバスク(スペイン)などのダービー戦が目白押しだった。
前者はリアルタイムで見たが、マンUの好調にはちょっと脅威!
バスクダービーの方では、Rソシエダ久保建英が得点。彼も頑張ってるね。得点後、(イエローをもらおうとも)勢いでシャツを脱いだりするところ、さすが彼のメンタルはスペイン仕込みのようで頼もしいなぁw
気が早いが、4年後の次回こそ楽しみだ♡


ダービー戦ではないが、三笘を見ようとマンチェスターダービーの後の夜半には、ブライトンvsリヴァプール戦を視聴。彼自身の得点はなかったものの、左から何度も襲い、相手を引きつけることで他で点が生まれて、彼はしっかり脅威の存在となっていた。
ブライトンは勢いがあって、チームの雰囲気も良く、好調なようだ。


ダービー戦特有の熱さから、ノーロンダービー戦終了前に小競り合ったラムちゃんや、触発されたジャカが熱くなるのを、アルテタ監督が身体を張って一人一人止めにかかるというオマケ付きだった、、忙しいね、笑える!
勝った試合直後なのに、ミケルの仕事は尚も続く、、
スタジアムのグーナー達の前に連れて行って、アドレナリン全開の彼らの情緒を、感謝や喜びに転換させてた。 それがいい、それがいい!

こんな苦労もミケルの宿命かww