ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

サッカーW杯 ‘22 を終えて ① メッシ、ディマリア編

PK戦までの死闘を越えて、アルゼンチンが勝利した。
このブログで私はメッシ応援を宣言していたが、メッシがカップを掲げることができたので、とても嬉しい。


「今回のW杯を楽しんでいるよ。決勝戦もね。」と準決勝後のインタビューで応えたメッシの言葉に決勝戦での様子を重ねて思ったことは、彼は既に達観の域にいたのではないかということだ。もちろん、心底に熱い思いは秘めながら、、。
最終試合が段々苦境に転じていった時も、彼は焦って悪循環におちいるで無し、割にいつも通りにパフォーマンスを続けていたように思う。
優勝が決まった時も、笑顔だったね♡
きっと、安堵も大きかったことだろう。


今回つくづく、世界中の人(含む、私!)からのメッシの愛され方を見ていて、巷で言われるアイドル論に重ねてみた。

アイドル歌手にはモデル並みのスタイルは必要ない とか、肝心の歌さえもチョイ下手なくらいでもいい などと聞いたことがある。ファンは本人になり代わり、まるで親のようにアイドルを見守る。
アイドルには、そういう気にさせる資質こそが必要で、、。

メッシは、(がっちりはしているものの)体格はアスリートにしては小柄。
異次元のサッカープレー以外の時は特に、いつもおおらかだ。
試合後のセレモニーで、カタールの首長から、最高敬意の証しとして着せられた黒ガウンが話題になっているw 先に語ったように達観した当のメッシは、それを好意として素直に受け入れ、いつものようにニコニコ。
その分、見ている側は、コレ、脱ぐのも難しいよね、カタール大会らしい? 脱いだ方が良くない?とか、選手達がトロフィーを掲げるシーンを十分堪能するどころではなくなって、ハラハラ、ドキドキ!!
一方で、メッシは屈託なく喜んでいる。
救いだww

こんな風に最後の最後まで、何億もの人々に親代わりのようにハラハラさせてしまう。
この現象は、そう、メッシとは多くの愛を集める特級の「アイドル」ということなのだ! 
言い方を変えれば「スーパースター」!
もちろん、メッシの人徳に寄るところが大きいネ♡


さて、ディマリアだ。
過去数度にわたる代表戦での、ディマリアのメッシへの滅私奉公、満身創痍は印象深い。画数の混んだ四字熟語の羅列が、彼の貢献度を表す!
彼も今回は30代半ば。スタメンに彼の名前があった時、気持ちが昂揚した人は多かっただろう。実際、今回の彼の貢献度は大きく、自身でも点を決めた♡
アルゼンチンのW杯史を知っている人にとって、こんなに嬉しいことはなかったと思う。
今回、彼は、よく泣いていたね、、優しいからね。

私は、優勝セレモニーの様子のTV画面を、スマホで構えて連写したのだが、その中に、ディマリアが肩にかけられたメダルを手に取ってしげしげと見つめている写真があった。これを見つけて私は、一番グッときてしまった。

メッシとはまた違った美徳を持つディマリアは、メッシの偉業を語る上で、是非セットで語りたい人なのだ♡


あらためて、アルゼンチン W杯優勝おめでとう♡♡