ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

仁田殿、、ティモンディ 高岸 さん from 鎌倉殿の13人


先日(8/21)放映の「鎌倉殿の13人」で、ティモンディ 高岸 さん演じる忠義の士、仁田殿が終わった。


特に印象深かった表情は、最後に仁田が義時に対して相談があると言い、今忙しいからと言って断られた時の、なんとも複雑な微笑みだ。
史実から仁田が直に果てることは知っていたので、こちらはこの笑みを見せられ、やり切れなくて、もう直視できなかった。
いつもニコニコ仁田殿の、一味違ったその微笑みにヤられるとは!
仁田はこの瞬間、苦しみや諦観、覚悟など色々な感情に襲われたんだろう。
いつも明るい印象の高岸さんが、あんな演技もできるなんてスゴイ! と感動と共に感心してしまった。
高岸さん曰く、この時は最後に心が折れた瞬間だったとも、、。

史実では、仁田は誤解され誅殺されたらしいが、脚本家三谷さんの判断によるこのような果て方も、高岸さんのいつもの人柄の良さが活かされて、感動を生んだと思う。
そして、おそらくドラマの現場に活気があふれているのだろう、そんな中で役者さん同士、一層高め合えているのだと想像する。


過去、お笑い芸人の大河出演で、演技力に唸らされたのは、「篤姫」で大久保利通役を演じた原田泰造さん(ネプチューン)だ。ただでさえ貧しかった大久保家で、父親が連座で罪を被り遠島、自身も失職となった理不尽に、拳を口に入れて憤る利通を演じた時の原田さんの迫真の演技は、今でも目に焼き付いている。
原田さんは、高岸さんとはまたタイプが違って、屈折した心情の演技がハマる人と思っている。

演技は、もちろん経験豊富な本職の俳優さんが上手いものの、たまに他の世界から抜擢された人が、ヒットを飛ばして才能を開花させることもあるから、そういう発見ができるのは楽しい♡


今回の「鎌倉殿〜」では他にも、比奈、善児などなど、心打つシーンが沢山あって語り出せばキリ無いが、私はお笑い好きでもあるので、応援も込めて、今日は高岸仁田殿のみに焦点を当てた。

この役に対する高岸さん自身の語りを聞くと、役に真摯に向き合い、ご自分の生き方の信念にも重ね、丁寧に役作りをされていったようで、素晴らしかったと思う♡
彼は時代劇の格好が良く似合っていたので、またいつか誰かを演じて欲しい。


追記)
今回は、我らが「ルパン三世」銭形役の山寺宏一さんが、名僧・慈円役で登場。
山寺慈円の今後の怪演も楽しみだ。