ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

三笘と伊東のゴールアシスト!   サッカーキリン杯、対ガーナ戦より

対ガーナ戦での個々の日本選手のアピールについては、色々言われているが、三笘と伊東(純也)は、ゴールアシストも出来るという一枚上の段階にあったように見えた。本人達の得点力や有益性などは、既に実証済みの上での ネ!
彼らには、アシスト力をアピールしようという気持ちが特段あるようには感じなかったし(別にあってもいいけどw)、チームに良かれというプレーが出来てたってことだよね。


結果的に三笘のゴールとなった1点も、まるでビンゴのダブルリーチのような保険付のシュートだった♡
試合後のインタビューで、そういう風に意識してたこと、ちゃんと言ってたね。どちらでもいいような筋に蹴った みたいなことを。
瞬時に、その2つが可能になるシュートが打てる余裕は頼もしい。

私は地元が川崎なので、川崎フロンターレ出身の三笘について語り出したらキリないし、もう十分賞賛されてるようだから、この辺で話は “伊東” に切り替えようw


私のいつも感じる印象では、この人、ピッチに登場するとパッと明るくなるんだよね。
何も金髪のせいではないよw
(でも、W杯本番でもぜひ金髪で!)
足の速さもその “陽気” に一枚噛んでいるとは思うけど、それだけではない 彼の個性 なのだろう。日本人には割に少ないでしょ。
ピッチやスタンドに明るい風を送り込むこういう存在、ワールドカップのような大きな大会では大事なのよ。
こちらも、代表初ゴールとなる前田のいいところを引き出すようなお膳立てをしてあげていて、感動だった♡


このブログだから、これがおまけでついてくるんだが、ルパン次元五ヱ門の関係も、己の武器を生かしつつ、互いへのアシストがいい結果を生み出すし、いつも感動を呼ぶのよね。
究極、「ルパン三世」の魅力は、それだと言ってもいいw

日頃は、所属チームでプレーしているそれぞれだが、集合した時は、ぜひ、いい連携をとって勝ち進んでほしいネ。
ルパンフリークとしては、その大切さ、推しときます♡