ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

わんちゃん、ねこちゃん、、、敬称モンダイ


今日は2月22日でニャンニャンニャンの猫の日だそうで、こんな話題にしてみた!


TV番組「ワイドナショー」では、松本さんと東野さんが、よく、このモンダイを口の端に上らせることがある。人気商売の方は大変だ!
犬とか猫とか呼び捨てにすると冷たい人間と思われる最近の風潮から、「ちゃん」を付けるようになったって。東野さんなんて、そう言いながらも心の中ではいつも「⚪︎△×?!って感じだ」って白状してたけどw


ペットを飼う人口が増加しているようだから尚更、何かしら「敬称」をつける方がいいのかもしれない。ペットは家族同然になっていくから、他人の子供を呼び捨てにしないのと同様に、ワンちゃんとかねこちゃんとかね。


ルパン三世」のテレスペ「the Last Job」では、利口な忍犬が登場。
ヴィラン、モルガーナにとっては、忍犬に憎々しい働きをされて邪魔されるたびに、「犬ガァ〜」って恨めしそうにわめく。あの声、耳に残る!そう、モルガーナは「犬」って呼びすてにするんだよね〜。
私には、その悪い印象があるので、「ちゃん」をつけておいた方が無難だろうというのが、実感として、ある(妙な実感だね!)。


ところで、犬の場合は、「わんちゃん」で、猫の場合は、「猫ちゃん」なんだよね。「ニャンちゃん」ならワンチャンあるが、「ニャーちゃん」は無いし、「犬ちゃん」も無いね!勢い余って「お犬様」は、元禄時代だったらアリだよねーww
この辺の違いは、日本語を学ぶ外国人には難解だろう。彼らにとっては、丸ごと暗記案件となるかもしれない(泣)。


「ちゃん」づけが、人付き合いにおける潤滑油になるとは言え、どうしても、この敬称モンダイに抵抗がある向きには、
「それで冷たい人間と思われても構わん!」
という腹さえ決まっていればモンダイありませぬ!
ホントは自分だって犬や猫も好きだよ、、という確信があってなお、心の強いお方なら、それもアリですね〜♡


でもやっぱり、ムズカシイデスカネ??!



[直近のタモリ倶楽部で、、]
話は変わって、この回の企画、高速道路専用モーターショーで、散水車の登場と共に、またもやルパン三世のテーマ曲が!
ここのところ、よくルパンを流してくれて、ファンとしてはうれしい♡
なお、この日は、シュールな面白さが魅力の”空気階段”もゲストで、タモリさんや”かたまり”が「乗車」するたび、♪ジョージア♪ from「我が心のジョージア」をBGMでマメに流していたよ。空耳元祖の矜持があるのだ!!