ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

前へ

ポジティブ シンキング!
ポジティブ、ポジティブ〜!

って言葉、ちょっとバカっぽくて抵抗ある人いるかもしれないねw
カタカナ英語のせいもある?
なんか、気持ちだけ空回りしてそうで怖い とか、下手すると、逆にダメそう な響きまで感じることもww


本来、この発想自体は、こういう世の中、ますます大事なのはホントのようだが、気合の掛け言葉としては、最初で心が折れたら残念だからねー。


「ハリポタ」の最終章最終コーナー、ダンブルドア校長とハリーが、白いキングスクロス駅のような、この世とあの世の中間で色々話すシーンは、ハリーの心のそれまでの謎解きができたりと、印象的なところだ。
ハリーの今後の選択について、そのまま死を選ぶも良し、戻って可能性にかけるも良し、と言われる中、校長が発した後者を象徴する言葉、(日本語訳では)

「前へ」

これ、いいなあと思ってる。
過去を反省するなということではないよ、くよくよしないでってことネ!
ワードとしては、ただ方向性を示すだけ。
でも、いい感じの含みがかなりあるし、自分の判断の余地が残されている自由がある!


ルパン三世」でも、ルパンファミリーは、いつも「前へ」って感じだね。
だから、本能的に見たくなったり、見ては元気づいたりするんだよね。


というわけで、混沌とした騒がしい今を生きてぬいていくために、心の片隅に一言、
「前へ」
を秘めておこう!