ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

アスコット競馬場 from「マイフェアレディ」 / 「グランドレース消えた大本命」


朝の情報番組「ラヴィット!」MC川島さんは、競馬もお好きなようで、ちょいちょい競馬の話題が出る。ある日のエピソードトークで、観客の高揚する様子を話していて、私は、ある競馬場を連想した。


オードリーヘプバーン主演の映画「マイフェアレディ 」の有名なアスコット競馬場のシーンだ。ヘプバーン演ずる元花売り娘、イライザは、目の前を疾走する馬たちを前に興奮し、思わず言ってはならない隠語を叫んでしまうのだ!喜怒哀楽はストレートに表さないのが「常識」の、上流階級の男女が集うアスコットなので、イライザの「本音」の絶叫に、周囲の人たちは顔をしかめたり驚愕したり、あるご婦人などは気絶するし、、。ただ、ボンボンのフレディだけは、それが決定打で、イライザへの恋に落ちました!(続く、フレディによる君住む街で のシーンについてはこのブログで紹介済み)



女王陛下ご臨席のロイヤルアスコットは、帽子も必須のドレスコードで、この映画における男女の装いは美しく、この作品の見せ場の一つ。ここで流れる「アスコット ガボット」という曲も魅力的で、上流階級よろしく、競馬での気持ちの高揚は極力抑えた女性合唱となっていて、馬の疾駆のところだけ合唱が止まり、馬の足音のみ。そのあと、何事もなかったようにすました歌声が続くという洒落たものだ。ここの一連のシーンは、ネットで色々と見ることができるから、オススメよ!
イライザの衣装はとりわけ魅力的で、ヘプバーンによく似合っている。


さて、「ルパン三世」の「グランドレース 消えた大本命」の中で、ヴィランのウェザー侯爵と共に競馬を観戦する不二子が、このイライザを思わせる衣装で、2回ほど美しく登場している。どちらも割にショートカットなので、見逃さないで見てみてネ♡

そして、ルパンの本作品は、競馬場の情景も結構たっぷり楽しめて、作画もキレイ。
こちらもgoodョ!