ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

グリフィンド〜ル!  from ハリーポッター

家族に「ハリーポッター」ファンがいることに影響を受けて、私もハリポタは大好きな小説の一つだ。今日は「ハリポタ」のことを知っている方限定の記事になってしまうと思う、、悪しからず。


「ハリポタ」好きな人は、ホグワーツで自分だったらどの寮(House)になるだろう?、、と一度は考えると思う。例に漏れず私もそんなことを考えたことがある!
長い間、なんだかんだ言って、自分は学び好きで真面目な「レイブンクロー」だろうと思っていたが、ここ数年来、様子がだいぶ変わってきて、大胆にもこんなブログを立ち上げる行動などからしても、今や、帽子は「グリフィンドール」に振り分けてくれるのではないか?

 ホグワーツは、人生の中でいつ入学するかによって、House は変わるものかもしれない!


ルパンファミリーは(銭形も含めて)、組分け帽子は「グリフィンドール」に入れるだろう。ここの House の一番の決め手は、何と言っても「勇気があること」だと思うから。
そして、「ルパン三世」でお馴染みの、一連のマモー(摩耗)達は、やっぱり「スリザリン」だろうね。

そして、クィディッチは、ルパン達の圧倒的な活躍により、数年間グリフィンドールの優勝、間違いなしネ!
いつも、こんなことを連想しては、ニヤニヤしてる!!


銭形とルパンは、同じ大学の先輩後輩、という設定もあるから、あり得ないことも無いよね?!
学校にルパン達がいたら楽しいだろうねえ♡

追記
三越に「ルパン展」を見に行ったら、同じ階で「ハリーポッター」の催事もあって、ラッキー。こちらはショップ展開だけど、十分楽しめた。時間予約してた「ルパン展」を待ちきれずにずいぶん早めに7階に上がったので、「ハリポタ」の方も先に見ることができたのだ!
こちらも、「ルパン展」と同じ13日までの会期のようで、両方興味のある方には、今ならお得ヨ♡