ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

ジェームズ・ボンド と ルパン三世


昨年、初代ボンド役、ショーン・コネリー氏の訃報を受けた時、この方は初代ボンド役として、007を切り開いていった先駆者だったんだなあ と改めて感慨を深くした。
ジェームズ・ボンド役といえば、世界一のカッコいい男の称号を背負うみたいなところがあるから、名誉かもしれないが、重圧もあったろう。
ロジャー・ムーアやP・ブロスナンなどなど、ボンド役の俳優さん達が、それぞれの個性を持ちながらも、ボンドの軸はブラさずに、カッコ良さをしっかりと引き継いできた。人それぞれにオンタイムのマイ ボンドがいるでは?
ボンドガールも含め、周りを囲む役者さん達も支えるスタッフさん達についても同様だ。


ルパン三世」の歴史を追った時、原作者のモンキーパンチさんがコミック漫画からスタートさせて、テレビ化でPART1から5まで、又数々のテレスペや劇場版など50年以上の時を経る。作品によって絵の感じは、微妙に変化したりしながらも、ルパンを始め、ルパンファミリーのキャラクター、一人一人がそれぞれの大きな軸を、しっかりと受け継いできた。作画だけでなく、声優さん達のバトンタッチの時もそうだ。先人の努力を尊重し、しっかりと受け止め、前へ進む。時の流れとともに多少変化をつけながら、、。


007には「ルパン三世」と相通ずるものを感じて、シンパシーを覚える。
共に、1960年代にスタートを切っているところまでネ!
ルパン三世のテーマ97」は、007のトーンが流れている♡


どちらも、育て、関わってきた関係者の熱い想いと苦悩や努力を思うと、一視聴者としてありがたいし、とてもステキなことに感じて、心が温まる。


ロングセラーには、長い間のたくさんの愛がつまっているんだね。