ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

「ルパン対複製人間」雑感

本作は、キリコやボッシュ、ダリらの絵の中を、敵のフリンチとルパンが駆け巡るシーンがあったり、マモーとの対面シーンでは、宗教画が壁面に描かれていたりと、絵的にもスタッフが所々凝っていたのが印象的だ。
また、ちょいちょいセクシー不二子ちゃんが登場するので、その向きのお楽しみもあると思われます!
多岐に渡って、スタッフのこだわりが感じられ、楽しめる力作だと思う。


ル次のやり取りで、「銭形(の血液型)はA型かねえ」と言うルパンに、「O型だろうぜ!」という次元。私も次元に軍配だ。全くの勘ですが!


鳥籠みたいな牢屋に閉じ込められたルパンが、監視人の後ろにピッタリくっついて同じ動作(と顔つき)で、いとも簡単に籠から出る手法は、ルパン言うところの「最も原始的な手でひっかかりやがる!」らしい。なるほどこの脱出法は基本なんだと学ぶ私。学んでも実践する時はないと思うけどね!
ここの描写は笑える。


前半でルパンと次元が逃げる時、吹き飛ぶ帽子を次元が慌てて取り戻すシーンで「お前さんも、しっかりクラッシックだねえ。」とルパンが言う。帽子だけでなく、マグナムもこよなく愛する次元は、「形」「様式美」にもかなりこだわりがあるようだ。
ルパンが、1人で敵陣に立ち向かうシーンで、「取り返すのは女か」と聞く次元に対し「信心深い奴にはむかねえ仕事だ。、、実際、クラッシックだよお前って奴は。」というセリフが続く。
2人の性質のちょっとした違いが分かるところだ。
ルパンはその応えに、「夢を盗まれちまったからな。」と言う。マモーに深層心理を読まれ、目に見えないもの、いわばアイデンティティーを盗まれたということは、誇り高きルパンにとって、「形あるもの」を盗まれる以上に許せることではなかったのだと思う。


後に、ゴエの斬鉄剣の欠けた刃先が、ルパンを救う。ちょっとした感動だ!
それぞれの個性は違い、仲違いしたりしながらも、次元や五ヱ門は、なんだかんだ言っても最後にはしっかりと、ルパンの助太刀に行く。
ホント、いい相棒だね♡