ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

カルリーニョス・ブラウン byタモリ倶楽部 空耳アワー


ルパンが駆け出しの頃、ドロボーのイロハを師匠に倣うシーンが出てくる作品がある。「マダムと泥棒四重奏」や「その名はアルベール」などだ。


タモリ倶楽部空耳アワーに、やはりドロボーの師匠と弟子が出てくるものがあった。“くるり” の岸田さん投稿作品 “ソウル バイ ソウル by カルリーニョス・ブラウン” で、これは私のツボにハマった!
「〜10時じゃ、2時っす、炙り火〜、炙り火〜」
と聞こえるもので、無理くり歌詞に映像を当てる。
ドロボー師弟が侵入する家の前で、時刻で揉めて、何故かその場にお寿司が登場し火で炙る というナンセンス!
タモリさんと安斎さんは無理だよ〜と盛り上がってましたが、全然イイですよ〜。
この手の取ってつけた感のある作品は、私はバカバカしく面白くて好きだ!!


さて、やっと本題。この時の曲が良くて耳から離れず、C・ブラウンのCDは、一聴の価値があるかもしれん ということで、取り寄せてみたら正解だった。ブラジル人の彼の音楽は、どこかしらサウダージが漂い、ボサノヴァ好きの私はそこをキャッチしたのかもしれない!「オムレツ・マン」というタイトルのCDで、こんな縁でもなければ知り合わない音楽のジャンルだった。収録曲はトーンが多岐に渡り、耳心地よい陽気な曲や個性的な曲が並ぶ中、最も気に入ったのが「Musico(ムージコ)」。彼は、こんな曲も作れちゃうんだという驚きと、豊かな才能、優しい人柄を思わせる。歌詞は愛を語るがそれだけにとどまらず哲学的。メロディのイメージで語ると、どこか格調高く、ロマンティックだ。
この曲を聞くと、私には、(ルパンみたいに)胸に赤いバラを刺した黒いタキシードの男性が、オーケストラをバックに愛を伝える という大きなイメージが広がっていく、、。


そして当然、(大袈裟に言えば)これらの曲との巡り逢いが、私の人生の一部を豊かにさせました♡