ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

中島誠之助さん  from「TOKYO CRISIS」

人気長寿番組「なんでも鑑定団」の中島誠之助さんは、テレスペ「炎の記憶〜TOKYO CRISIS」の前半、実名で、絵もそっくりで登場されています。有名な「いい仕事してますねえ。」のセリフもしっかり入ってます!

銭形が、展覧会出展用の高価な雛人形の頭を、慌てて吹っ飛ばしてしまい、びびって、慌てて敬礼して退散するシーンがかわいそ可愛い!ゼニの背景に「見ざる言わざる聞かざる」の三猿図があったのは、作画の人が工夫して遊びを見せたところです。
そのあと中島誠之助さんが、頭のない人形に気づいた時の嬌声の演技も、笑わせてくれました!
この作品では、中島氏は題字も書かれていたので、大活躍ですよネ、ありがとうございます♡


司会が、石坂浩二さん、紳助さん、吉田さんトリオの頃なので、今からだとまだ初期の頃になるでしょうか、先輩Nプロデューサーの計らいで友人達と客席観覧をしました。その時も、中島誠之助さんや北原照久さんが鑑定していらっしゃいましたよ。

後日読んだ日経新聞の「私の履歴書」で、中島氏は「身銭を切って痛い思いをしないと、真贋を見抜く眼が育たない」のようなことを書かれていて、実際、だいぶ痛い思いもなさったらしい。氏にしても、駆け出しの頃はそうだったんだなと感じ入りました。


審美眼は1日にしてならず なのですね!