ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

お姫さま

「お姫さま」にディズニーキャラクターを思い浮かべてもらってもいい。
歴代、色々なタイプのお姫さまがいらっしゃいますよネ。


いつか、実写版「シンデレラ」をみた時、若干違和感を感じた。想像以上にお姫さまが積極的だった!「私もお城へ行ってみたい」これは、女性ならもっともな心境だし、別に構わない。が、実写版では、そこが妙に強く描かれすぎていたような、、。見終わった後、なんかお姫さまがやり手な印象が〜!主張する女性が尊重され、特に欧米は日本より先んじていたから、受けがいい女性像をシンデレラにも託すのだろう。一方で、ディズニーのお姫さまの傾向も、最近は、ラプンツェルのようにとても行動的で意志がある。実際、やはり人気が高いようだ。

昔、ある上司に、「自分の娘には、お姫さま映画のような甘いことはあり得ないんだと教える。夢見られたら困る」と言った、ザ・リアリストがいて、ずいぶん振り切れてるなあ と感心した。私には娘がいなかったから、その難題には直面せずに済みましたけどね!


その点、お姫さまの歴史でも初期の「眠れる森の美女」オーロラ姫は、一番おっとりしている。なんせ、眠っていて目覚めた時は、あれ〜、またお姫さまに〜となるのだから!ちょっと前に王子は魔女と死闘を繰り広げたことも知らずにネ。

C・ペロー版では、目を覚ましたお姫さまに、王子は想いを表す言葉が見つからず、やっと言えた告白、
「私は、自分よりあなたが好きです」
というセリフがあり、これはとても素直で初々しく印象的だ。いいね♡

ディズニー版「眠れる森の美女」は、チャイコフスキーの音楽が効果的に流れ、色彩もクラシカルだ。

よって、私としては、これをナンバー1のお姫さま映画に認定したい!

オーロラ姫は一番虚構性が高いからこそ、最も「お姫さま」らしい と私は思う。お姫さまから何か学ぼうとか、教訓を得ようとか、真似しようとか思ってはいけない!お姫さまに現実を持ち込まない、現実にはあり得ない、ただただ夢の話、それでいいじゃないか?
「不二子は巨大化した理想像」とする考えに似て、物語のお姫様は、別格の憧れでいればいいと思うんだ。


さて、現実に戻り、これからご飯でも作るとするか!