ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

洗濯カゴ と 魚の目 「小公女」より

この妙な組み合わせは何かというと、私が幼心に傷ついた、小説「小公女」の2つの場面のことだ。

話の冒頭、セーラがお世話になる寄宿学校「ミンチン女学園」の校長ミンチン女史は「魚のような冷たい目をしていました」の叙述に、幼い時、身を固くした思い出がある。以来、今でもよく、魚屋さんとか食卓で、魚の目をふと観察してしまう。
なるほど、無表情だ! これが人間にくっついていたらイヤだなあ。


セーラが、屋根裏部屋住みの小間使いにされた後、みんなの洗濯物をどっさり入れた重そうな洗濯カゴを、両手で引き上げながら歩く「挿し絵」が、目に焼き付いている。子供向けの小説には、適度に挿し絵が必要だと思うわけだ。やはり、その絵のシーンを手がかりに、記憶に引っかかっていくようだ。
おかげで、うちでも洗濯物が多い時は「小公女セーラみたい、ハァ〜」とかブツブツ言って、プワ〜ンとあの絵を思い浮かべ、実際より重そうにカゴを持ちながら、ベランダへと部屋を横切る私がいる!


「小公女」の著者バーネット女史は、19C半ばのイギリス生まれ(16才からアメリカへ移住とのこと)。後に、米英を舞台にした「小公子」を書き、数年後に書かれたのがこの「小公女」で、舞台は同時代のイギリスだ。この小説では、リアルタイムの英国の社会状況が垣間見れるが、逆境の展開にも汚されないセーラの気高さに、いつも感心する。