ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

そういうこと。お利口よ、子猫ちゃん!

珍しく次元から不二子へのセリフ。「オレの爺さんが残した宝物」で、不二子が脱出法を論理的に説明した時の次元の反応だ。次元は、何でも不二子に逆らうわけではなく、感心した時は、ちゃんと評価するのね。「お利口」とか「子猫ちゃん」とか、今風に言えばセクハラ発言になりそうだが、次元になら、むしろ言われてみたいよね、女性の皆さん! 次元はいつもはそういう人でないことが、しっかりわかっているからOKなのだ! 
殿方、ここ大事ですよ〜。


にしても、次元が女は苦手だって、本当なんだろうか?
不二子に、ジェラシーを感じるシーンでした!


この作品は、マント・ケヌーマが奇妙な感じだよね。なんか気色悪くて、怖いもの見たさみたいになるな。ご存知、後ろから読んで「まーぬけ頓馬」なわけで、この人はこちらがそんなに怖がることはないコモノのはずなんだが、、キモイ!


ル次ゴが3人とも、幻惑にかかってしまって、遅れてきた不二子が彼らを救うという珍しいパターンでした。それにしても、あのケヌーマ、どうなったんだろうね?!