ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

今日はちょっと戯れ言、、モロヘイヤ

モロヘイヤという野菜が、日本に入りたてで、まだ名称が確定してなかった時のこと。取引先との恒例の忘年会、品川のホテルでフレンチフルコースをいただくという機会がありました。
そして、当時は世の中、ヘアヌードで沸いていた頃でもありました!

ディナーのスタートはスープから。
ホテルの人の説明、
「こちらは、モロヘア〜という野菜のスープです。モロヘア〜は、エジプト原産で、あのクレオパトラも好物でした!」
なかなかの強めのワードが並ぶ!!

いつも陽気な副部長は、さっそくこれに反応。
「モロヘア〜、これはまた、、(モゴモゴ)」
次長もニヤニヤ、下っ端の若手は、目配せして笑ってる。
双方の女子社員は、うつむき加減でクスクス。

まだ、緊張の時間帯なので、それ以上誰も何も言い出さない。
でもエライですね。常務や部長、上の人達はこれに無反応だった。
こういうのに耐えられないと、エラクはなれないのかなあ?!
こういう時私は、それ自体よりも周囲の反応を見ているのが楽しい。

いくらなんでも、モロヘア〜って!!
青果業界の人たちは、これじゃマズイと考えたんだろうね、美味いのに! ご存知、名称はモロヘイヤに落ち着きました。
ムバッペかエムバペか、名称が定まらない時期ってありますよね。あの混乱です!

モロヘイヤは栄養があり、お浸しにしてポン酢でよくいただきます。花芽のところは毒があるそうなので、面倒だけどつまみ取ると安心です。


あの日のディナーはどれも美味しかったはずですが、こもスープの思い出だけが鮮明です!
あと、こんな戯れ言に、ムバッペを引っ張り出して、エムバペ、ごめん!