ルパン三世 & something

ルパンを語って、微笑みを届けたい  ルパンが好きな人も、これからの人も、たくさんルパンを楽しもう!

カリオストロ家の錬金術、ボルジア家の毒薬

中世イタリアにまつわる言葉は、自分にとって惹きつけられるパワーワード
ルパン三世」では、歴史の年号などは必ずしも史実と一致してないが、エッセンスはちゃんと取ってきているので奥深いし、そこから興味が広がっていく。中世イタリアの名家は、権謀術数の黒い部分も持ち合わせていて、錬金術や毒薬研究などにも励んでいたようだ。

カリオストロの城」の冒頭、カリオストロ家に代々伝わる錬金術を説明するところがある。錬金術師と言えば、ハリーポッターで知った、実在とも言われるニコラス・フラメルを連想し興味深い。昔から錬金術は、何かと謎に包まれている!「カリ城」の「カリオストロ公国」とは作品のフィクションではあるが、この手のニセ札作りは、大きな組織として実在していたらしい。

毒薬の方は、史実でもボルジア家は特に有名で、政敵を倒す為に研究されていたと聞く。14世紀のイタリアのヴェローナを舞台とした「ロミオとジュリエット」にも毒薬は出てくるので、権力界隈では、実は身近なものだったのだろう。「毒薬と魔術とルパン三世」は、ギャグ要素が強く面白い!銭形が毒薬の性転換媚薬を飲んでしまい、妙な音楽(褒めてる)に乗せて、どんどん女化していくところが可笑しい。その結果、ゼニは敵のガルタンに惚れてせまり、さすがのガルタンも引いていたネ!「銭形そっくり」(次元談)の老女ルクレティアはボルジア家の女主人で、肝の据わり方はさすがだ! そしてインパクトある彼女の顔に、思わずゴエが「オゾマシイ」と率直に呟いていたね。ゴエ、正直すぎるよ!

ルパン達をハメた不二子へのお仕置きで、余った毒薬を使って不二子の上半身の衣服を剥がした時の反応が、三者三様。
ルパンの顔は輝き、次元はこっちを向いてVサイン、ゴエは、、、指のすきまから不二子を覗き見ていた!